カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


提供信息,并要求中国媒体

提供信息,并要求中国媒体

亲爱的主席先生,
特朗普,美国总统6天,将16天生效,但签署了来自伊斯兰国家的禁止入境的总统法令的修改版本,这一次是针对只有新的签证申请,已持有签证人民和永久居留美国并不适用于(绿卡)的持有者。因为我们明白,首先欢迎。

以下是与墨西哥一堵墙。这也是真实的在亚洲。
当您尝试运行,所以它不可能是非法移民的“墙”建设,
有很多钱,你有荒谬创建的“墙”。这是疯狂的。
如果这么多,你不想浪费的税,“墙上的建设成本”,是把穷人工人支持的医疗费和生活费。如果厌倦了给穷人的工人,应该在美军的军事开支使用。
例如,美军在日本厚木基地的FA超过18架军用飞机是因为60%的不靠谱,没有黄金的情况。因此,朝鲜3月6日,旨在在日本的美军训练(朝鲜宣布),以嘲笑美军,还4次射门导弹,我降落在日本的专属经济区(3张) 。

即使没有“墙”,即不进入非法移民的方法很简单。
非法移民流入美国,因为有那些谁雇用非法移民的移民。
由于黄金是赚甚至非法移民,岂不是要美国。

它不是雇用非法移民。如果谁雇用外国人和非法移民的刑事处罚非法工作的人,没有人不雇用非法移民。
如果不是为那些谁雇佣在美国的非法移民,没有理由去美国。因此,流入美国的非法移民,将不再有。

一个女人卖淫,如果没有一个人买的,不存在卖淫。它是理所当然的事。
非法移民,不断邀请“来吧,来吧”,你一定是疯了总统抱怨。

非法移民剥夺就业的美国人是,根据法律规定,严格刑事处罚是被驱逐出境。仅此一项,违反了国际法,禁止对外国人任意处置。
因此,谁曾作为非法移民的人,是处置平等无论是谁的工作。
有没有资格工作,为非法移民,严格刑事处罚,同时,就业谁了(公司或个人),是要严格刑事处罚更多的非法移民。

特朗普总统表示,一个强大的国家美国。如果是这样,很明显我们需要大量的移民。

美国是一个自由民主的国家。当然,这是根据法律来治理国家。如果是这样,很多外国人,我认为这是只有在那里接受为合法移民。

美国需要,对于合法移民,根据法律规定,是将等同于美国人。否则,有才华的人不能在美国收集,你将不能够加强美国。优秀的人力资源都希望世界各地。只要到一个国家,是必要的。
合法移民,并担任了方便,它不能是一次性的。

但是,有更多的不公平的国家。它是日本。
中国和菲律宾人成为受害者。而且,越来越多的国家的外国人,日本政府,合法移民已经被非法犯罪分子。
大家请关注亚洲媒体这个问题。

日本是一个法律上的移民,“出境入境管理法”是,法律面前人人平等,从国际法的遵守的精神,对外国人是无居民身份(合法移民)是非法就业,非法就业罪(第70条),非法就业是不是非法雇用利于犯罪企业(第73条第2),同样两人已经成为一个法律体系,刑事处罚。
不过,日本的司法行政,从传统的违反国际法(联合国包机的基本人权,等等),
许多外国人(合法移民),到了可怕的东西,随意的罪犯,所以我们赶出这个国家,国际社会,在不公平的日本,谴责非法移民的管理请不要。

据我所知,中国和谁已经牺牲了菲律宾。即使是菲律宾外交官一直在罪犯。这是日本人,但我也日本政府的受害者。在任何时候,你将见证。所以我,指责司法日本,它已被指控。

知道了这个事实,这个世界会吓一跳! !
摘要或起诉的事件,PDF是电流指责像我等身份证明(护照),于是我把各方的有限下列URL网站,请访问。然而,大多数是日本人。
首先,请参阅由谷歌等翻译计算机。

如果你可以通过电子邮件与我们联系,我们将提供电子邮件的细节。
目前,高级人权专员的联合国办事处(人权高专办),正准备提出申诉。
URL http://
相关信息起源节目。父亲月光假面

http://gekkoukamen2010.blog.fc2.com/blog-category-23.html
2016年新年的问候,教皇说。 “和平的敌人不仅是战争,冷漠甚至敌人。”这是一个好词。
现在,移民已经成为移动世界的一个大问题。
当美国的移民政策顺利的话,它也可以在欧洲和亚洲使用。
对于在国际社会的利益移民问题的美国,让我们支持美国公民。
日本政府,一个恶意的,非法移民管理(违反出入境管理法(援助)事件)也,如在国际社会的谴责,请支持媒体。
肃然,
2017年3月9日
我描述了我的信息。
日本国籍

名   長野 恭博(Yasuhiro Nagano)
E-mail
     nagano_mirai@yahoo.co.jp

以上
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

한국의 미디어에 대한 정보 제공 및 부탁

한국의 미디어에 대한 정보 제공 및 부탁


친애하는
트럼프 대통령에 귀하의 이메일을했습니다. 동참 해 주시면 기사에하십시오.
트럼프 대통령은 멕시코에서 불법 이민 문제에 대해 멕시코와의 국경에 "벽"을 만들라고 발언 해 불법 입국 할 수 없도록 「벽」의 건설을 시도하고 있습니다 만,
돈을 사용하여 "벽"을 만드는 바보 있습니다. 미친입니다.
「벽」이 없어도 불법 이민자 입국시키지 않는 간단한 방법이 있습니다.
그것은 불법 이민자를 고용하지 않는 것입니다. 불법 이민자를 고용 한자를 형사 처벌하면 아무도 고용하지 않아요.
미국에 가서도 일할 않으면 누가 불법 입국까지 미국에 갈 건가요!

그렇게 세금을 낭비하고 싶은 경우 "벽 건설비」을 가난한 노동자의 의료비와 생활비 지원금으로 돌리는 것입니다.
가난한 노동자에게주는 것이 싫으면하면 미군의 군사비로 사용한다. 예를 들어, 재일 미군 아츠 기 기지의 FA -18 군용기는 돈이 없기 때문에 60 %가 날 수없는 상황입니다. 웃음 것입니다!

불법 이민자가 미국에 유입되는 불법 이민자를 고용하는자가 있으니 돈이 벌 때문에 미국에가는 것입니다.
미국에서 불법 이민자를 고용하는자가 없으면 미국에 갈 이유가 없습니다. 따라서 미국에 유입되는 불법 이민자들이 사라지고 있습니다.

매춘 여성을 살 사람이 없어지면 매춘부는 존재하지 않습니다. 당연한 일입니다.
불법 이민을 "이리와, 이리와"라고 초대 놓고 불평 따위 미친입니다.

미국인의 일자리를 빼앗는 불법 이민은 법률로 엄격하게 형사 처벌하고 추방하는 것입니다. 이것만으로는 외국인에 대한 자의적인 처분을 금지 한 국제법에 위배됩니다.
따라서 불법 이민자로 일한 자, 일한 사람의 양자를 동등하게 처리하는 것입니다.
일 자격이없는 불법 이민자는 엄격히 형사 처벌하고 아울러 고용 한 자 (회사 또는 개인)을 외국인보다 엄격한 형사 처벌하는 것입니다.

법률에서이를 안정적으로 실행하면 불법 이민은 미국 매운없이됩니다.
이것은 미국인이 가능한 지 여부입니다.
그러나 미국인의 대다수가 미친되어 불법 이민을 사용하여 이익을 얻고 싶은 것이 많으면 이러한 평등의 처분은 할 수 없습니다.

그러나 미국은 자유와 민주주의 국가입니다. 당연히 법에 따라 통치하는 나라입니다. 그렇다면 많은 외국인을 합법적 인 이민자로 받아 들일 수 밖에 없다고 생각합니다.

그러나 미국은 자유와 민주주의 국가입니다. 당연히 법에 따라 통치하는 나라입니다. 그렇다면 많은 외국인을 합법적 인 이민자로 받아 들일 수 밖에 없다고 생각합니다.

미국이 필요로하는 합법적 인 이민에 대해서는 법률에 따라 미국인과 동등하게 취급하는 것입니다.
그렇지 않으면 우수한 인재가 미국에 모이지 않고, 미국을 강하게 할 수 없습니다. 우수한 인재는 전세계가 갖고 싶어합니다. 필용로하는 나라에 갈뿐입니다.

재류 자격은 있지만, 범죄를 저지른 것 등에 대해서는 형사 처분을하고, 추방이나 재입국을 인정하지 않는 조치는 당연하다고 생각합니다.

이상이 자유와 민주주의 국가의 리더 인 미국의 이민 정책이어야합니다.

난민 정책에 대해서는 다음에 제안합니다.

미국의 동맹국 인 일본의 이민에 관한 법률이다 "입관 법"은 법 아래 평등, 국제법 준수의 정신에서 체류 자격 외 불법 취업을 한 외국인에 대해서는 불법 취업 죄 (70 조)에서 불법 취업시킨 사업자는 불법 취업 조장 죄 (73 조의 2)에서 양자를 동일하게 형사 처벌하는 법체계가 있습니다.

그러나 일본의 사법 행정은 기존 국제법 (국제 연합 헌장의 기본적 인권 등)과는 달리,
많은 외국인 (합법 이민)을 자의적으로 범죄인에 국외로 강제 퇴거시키고 있기 때문에,
"법에 따라 통치를하도록! 기본적 인권을 지키도록! 국제법을 준수하도록!"국제 사회에서 일본의 이민 행정을 규탄하십시오. 하면 이전 메일이나 편지를 송부 한 것입니다.
트럼프 대통령은 아베 총리와 회담하고 이민을 불법으로 처리 노하우의 전수를받은 것입니다 만, 일본의 흉내를해서는 안됩니다.
이상.
아래는 관련 기사입니다.

일본 정부의 이민에 대한 입관 법 위반 사건은 "일본군 위안부 문제 '이상의 국제적인 인권 문제입니다. 이 문제에 대해 편지를 내는데 중국 정부, 필리핀 정부, 한국 정부는 움직이지 않습니다.
심각한 인권 침해 문제이지만, 지금까지 握りつぶさ되어 왔으므로 미디어의 힘으로 정부를 움직여보십시오.
나는 일본 정부가이 문제를 해결하지 않는 한 '다케시마 문제'나 '센카쿠 열도 문제 "국제법을 말할 자격이 없다고 생각합니다.

나는 다음의 사건은 원죄이므로 형사 고소 형사 고발을하고 있습니다 만, 일본 정부는 묵살 때문에 국민 운동을 일으키고 지원을합니다.
2010 년 중국에 대한 '불법 취업 죄', 그리고 반대로, 나는 나 중국인 "방조죄 '를 적용.
그리고 2014, 2015 년에는 필리핀 인에 대한 '불법 취업 죄'및 그에 반해 필리핀 대사관 직원과 필리핀 외교관 "방조죄 '를 적용.
그 외에도 고용주가 처분되지 않고 외국인 만 "불법 취업 죄 '로 처분 된 중국인, 필리핀 인, 한국인, 태국인을 비롯해 수많은 외국인이 불법으로 형사 처분되어 있습니다 . 일본 정부에 사과와 명예 회복과 배상을 요구하십시오. 형사 처분 된자는 범죄자 취급을하고 괴로운 인생되어 있습니다. 종군 위안부 이상의 고통입니다.
일본 정부에 대해 "법에 따라 통치 기본적 인권의 존중, 국제법 준수 '를 호소합니다.

"입관 법 위반 (방조) 사건 '의 개요와 고소장, 고발장 등을 기재 한 PDF, 내 신분증 (여권) 등은 관계자 한정하기 URL 사이트에 올려 놓았으므로 참조하십시오.
메일로 연락 주시면 기꺼이 관련 자료를 이메일로 제공합니다.
URL http://
관련 정보는 프로에서 발신하고 있습니다.
월광 가면의 아버지 씨
http://gekkoukamen2010.blog.fc2.com/blog-category-23.html
자, 입관 법 법 위반 (방조) 사건도
일본 정부의 불법 이민자 지원으로 규탄하는 등 미디어로 지원합니다.
국제법 위반의 중요한 행위입니다. 아시아 인 등을 "이리와, 이리와"라고 초대 해놓고 범죄인하고 일회용하고 있습니다. 이 문제에 눈을 돌리고 항의 캠페인을 실시합니다. 미디어의 힘으로 많은 피해자가 자칭 올려주기를 기대합니다.
감사합니다,
2017 년 3 월 2 일
내 정보를 기재합니다.
국적 일본

성명   長野 恭博(Yasuhiro Nagano)
E-mail nagano_mirai@yahoo.co.jp

다음은 일본어 원문입니다.
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

フィリッピンのメディアへの情報提供とお願い

フィリッピンのメディアへの情報提供とお願い

拝啓、
  トランプ米大統領は6日、16日に発効する、イスラム圏諸国からの入国禁止に関する大統領令の修正版に署名しましたが、今回は、新たなビザ申請者のみを対象とし、既にビザを保有している人や米国の永住権(グリーンカード)保有者には適用されない。とのことですので、まずは歓迎します。

 次は、メキシコとの壁です。これはアジアにも言えることです。
不法入国できないように「壁」の建設を実行しようとしていますが、
大金を使って、「壁」を作るなんて馬鹿げています。クレイジーです。
 そんなに税金を浪費したいのであれば、「壁の建設費」を、貧しい労働者の医療費や生活費の支援に回すことです。貧しい労働者に与えるのが嫌ならば、米軍の軍事費に使うべきです。
 例えば、在日米軍の厚木基地のFAー18軍用機は、金がないので6割が飛べない状況です。だから、北朝鮮は3月6日、在日米軍を狙った訓練で(北朝鮮発表)、アメリカ軍をあざ笑うように、ミサイルを4発も日本のEEZに着弾(3発)させたのです。

 「壁」がなくても、不法移民を入国させない方法は簡単です。
 不法移民がアメリカに流入するのは、不法入国の移民を雇用する者がいるからです。
不法入国でも金が稼げるので、アメリカに行くのです。

 不法移民を雇用させないことです。不法就労した外国人と不法移民を雇用した者を刑事処分にすれば、だれも不法移民を雇いませんよ。
 アメリカで不法移民を雇用する者がいなければ、アメリカに行く理由がありません。したがって、アメリカに流入する不法移民は、いなくなります。

 売春する女を、買う男がいなくなれば、売春婦は存在しません。当たり前のことです。
 不法移民を、「おいで、おいで」と誘っておいて、大統領が文句をいうなんてクレイジーです。

 アメリカ人の雇用を奪う不法移民は、法律で、厳しく刑事処分して国外退去にすることです。これだけでは、外国人に対する恣意的な処分を禁じた国際法に反します。
 したがって、不法移民として働いた者、働かせた者の両者を平等に処分することです。
 働く資格がない、不法移民については、厳しく刑事処分し、併せて、雇用した者(会社や個人)を、不法移民以上に厳しく刑事処分することです。

 トランプ大統領はアメリカを強い国にするといっています。そうであれば、多くの移民が必要なことは明白です。

 アメリカは自由と民主主義の国です。当然、法の下で統治する国です。そうであれば、多くの外国人を、合法的な移民として受け入れるしかないと思います。

 アメリカが必要とする、合法的な移民については、法律の下で、アメリカ人と同等に扱うことです。そうでなければ、優秀な人材がアメリカに集まらず、アメリカを強くすることはできません。優秀な人材は、世界中が欲しがっています。必用とされる国に行くだけです。
 合法的な移民を、都合の良いように働かせて、使い捨てにしてはいけません。
 
 しかし、もっとアンフェアーな国がいます。それは日本です。
中国人やフィリッピン人が犠牲者になっています。そして、もっと多くの国々の外国人が日本政府によって、合法的な移民が不法に犯罪者にされています。
 アジアのメディアの皆さん、この問題に注目してください。

 日本の、移民に関する法律である、「入管法」は、法の下の平等、国際法の遵守の精神から、在留資格外の不法就労をした外国人(合法的な移民)に対しては、不法就労罪(70条)で、不法就労させた事業者には不法就労助長罪(73条の2)で、両者を平等に刑事処罰する法体系になっています。
 しかし、日本の司法行政は、従来から国際法(国連憲章の基本的人権等)に反して、
多くの外国人(合法的な移民)を、恐るべきことに、恣意的に犯罪人にして、国外へ強制退去させていますので、国際社会で、日本のアンフェアーで、不法な移民行政を糾弾してください。

 私の知る限り、中国人やフィリッピン人が犠牲になっています。フィリッピンの外交官ですら犯罪人にされています。私は日本人ですが、私も日本政府の犠牲者です。いつでも証人になります。それで私は、日本の司法関係者を告訴、告発しています。

 この事実を知れば、世界は驚愕します!!
 事件の概要や告訴状、告発状などを記載したPDF、私の身分証明(パスポート)などは、関係者限定の下記URLサイトに置きましたので、ご覧ください。但しほとんどが日本語です。
まずは、Google等でコンピュータ翻訳してご覧ください。

 メールで連絡いただければ、詳細をメールで提供いたします。
現在、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)へ、苦情の提訴を準備中です。
  URL   
 関連情報はプログで発信しています。月光仮面のおやじさん 

http://gekkoukamen2010.blog.fc2.com/blog-category-23.html
 2016年の新年の挨拶で、ローマ法王は言いました。「平和の敵は戦争だけではない、無関心も敵だ」。いい言葉です。
今や、移民問題は世界を動かす大問題となっています。
アメリカの移民政策がうまくいくと、ヨーロッパやアジアでも使えます。
アメリカの移民問題については国際社会で関心をもって、アメリカ市民を支援しましょう。 
日本政府の、悪質で、不法な移民行政(入管法違反(幇助)事件)も、国際社会で糾弾するなど、メディアとして支援してください。
敬具、
2017年3月9日
私の情報を記載します。
国籍   日本

氏名   長野 恭博(Yasuhiro Nagano)
E-mail
     nagano_mirai@yahoo.co.jp

以上

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Disseminate to the world media Please rescue the illegal treatment (legal immigration) by the Japanese government (human rights violation)

Disseminate to the world media
Please rescue the illegal treatment (legal immigration) by the Japanese government (human rights violation)

 
Everyone in the international community, please pay attention to illegal immigration policy in Japan.
Compared to Japan's immigration policy, President Trump is a good person.
I look like a wonderful President who respects human rights, treasuring immigrants.
Please support me by reporting the facts of illegal immigration policy in Japan as a mass media.
And please support me, at least Japanese victims, victims of the Chinese, Philippine victims. Victims are all over the world. There are also around you.

Japanese parliamentarians, all of the ruling and opposition lawmakers are democracy before the Constitution, but real intention is militarist.
As of now, no one will raise his name for assistance.
Because weakness is grasped by police and prosecutors because of corruption, bribery, violation of elections,
The crime of the police and prosecutors is to blind their eyes.
The following is the content of e-mail to Japanese parliamentarians.

Dear Sirs,
While developed countries are suffering from terrorism, immigration problems and refugee problems, in Japan, many foreigners (legally immigrants who have status of residence) have traditionally been opposed to international law (fundamental human rights etc of the UN Charter) To arbitrarily become a criminal and forcibly withdraw to foreign countries.

■ Did you know about Article 31 of the Constitution (criminal justice system)?
Article 31 of the Constitution
"No one shall be deprived of its life or liberty unless it is in accordance with the procedures prescribed by the law, or it can not impose any other punishment" ... If it does not follow the procedure prescribed by the law, in the Diet It is a legislative law. (In the precedents, the ordinances established in the local council are also included)
In the case of
■ Do you know about Article 14 of the constitution (criminal justice system)?
Article 14 (Equality under the Law) Paragraph 1
All citizens are equal under the law,
By race, creed, gender, social status or entrance,
It is not discriminated in political, economic or social relations.

■ Please remember the [Immigration Control and Refugee Recognition Act (Immigration Law)]

Sin of a person who has worked illegally ...
● Applicable for this time ((4) activities outside the status of qualification) 【Article 70 illegal work】
Article 70 Any person who falls under any of the following items shall,
Penal imprisonment with work imprisonment of 3 years or less or imprisonment or a fine of 3 million yen or less,
Or imprisonment with or imprisonment with or without work and a fine.
(I) Any person who entered Japan in violation of Article 3
(Ii) A person who has landed in Japan without receiving permission etc. of landing from an immigration inspector
(Iii) Those who are rescinded of their status of residence and remain in Japan pursuant to the provisions of Article 22-4, Paragraph 1 (limited to those pertaining to item 1 or item 2)
(Ii) Those who received designation of the period pursuant to the provisions of Article 22-4, Paragraph 7 (including the case where it is applied mutatis mutandis under Article 61-2 to 8-2), and after that period has passed in Japan What remains
(Iv) Persons who are clearly recognized to be exclusively engaged in activities that operate revenue or activities that receive fees in violation of Article 19, paragraph 1

● Sin of those who caused illegal employment 【Article 73-2 illegal employment promotion crime】
Article 73-2 Any person who falls under any of the following items shall,
Penalty imprisonment of 3 years or less or a fine of 3 million yen or less, or both.
(I) A person who has caused foreigners to engage in illegal work in connection with business activities
(Ii) those who have put them under their control in order to allow foreigners to engage in illegal workers
Three acts, acts causing foreigners to engage in illegal work or those who have noticed the acts in the preceding item

(2) A person who has conducted an act falling under any of the items of the preceding paragraph shall not be prevented from punishing pursuant to the provision of the same paragraph, because he / she does not know that it falls under any of the following items. However, this shall not apply when there is no negligence.
(I) The activity of said foreigner is an activity to manage a business accompanied by income not belonging to an activity corresponding to the status of residence of said alien or activity to receive remuneration.
(Ii) The foreign national has not received permission under Article 19, paragraph 2 when conducting the activities of said alien.
(Iii) If the said foreign national has filed a request from the provisions of Article 70, paragraph 1, item 1 to item 3, item 2, item 5, item 7 to item 7, item 3 or item 8 to item 2 to item 8 Be a person to be listed.
(Both punishment provisions)
A representative of a juridical person or an agent, employee or other employee of a juridical person or a person has filed an offense pursuant to Article 73-2 or Article 74 to 74-6 on the business of the juridical person or person, In the case of committing the crime of 2 (6) (excluding items 3 and 4 of paragraph 1) or its attempted incidents or the crime of Article 74 8, in addition to punishing the actor, in addition to that corporation or person Even, it is imposed the fine of each of this Article.


● Regulations for persons who have obtained a status of residence by submitting false documents
【Article 22-4 of the Immigration Control Act 4 Cancellation of status of residence this time ④】
Article 22-4 When the Minister of Justice finds any of the facts listed in the following items,
It is possible to cancel the status of residence that foreigners actually have.

① In case of misjudging the immigration inspector's judgment on the reason for landing due to fraudulent or other illegal means and receiving a seal of landing permission etc. In the case of
② In the case of falsifying other activities by fraudulent means, falsifying activities to be done in Japan, and receiving a seal of landing permission etc. For example, a case where a person who intends to do simple labor in Japan declares to perform activities corresponding to the status of residence of "technology", etc., will be subject to cancellation under this issue. In the case of
③ In the case where the applicant misrepresents facts other than the activities that the applicant intends to do in Japan and receives a seal of landing permission etc. For example, the case where the applicant falsely owns his / her background is subject to cancellation by this issue. In the case of
● ④ In cases other than those falling under (1) to (3), in case of receiving a seal of indictment of landing by submitting false documents. In this issue, it is not a requirement that a false or other illegal means is used, and the applicant is intentional. It is not necessary. In the case of
If you have not continued activities related to your status of residence (limited to the status of residence (Note) in the upper column of Appended Table 1 of the Immigration Act No. 1) for more than 3 months (provided, however, that you have stayed without doing such activities There are legitimate reasons for being there, excluding cases. Also, in canceling the status of residence, it is supposed to hear opinions from alien subjects in advance.

Note: Paragraph 4, Article 4, paragraph 4 is fake document submission.
Lies fake documents are now changed to misrepresented documents.

● As of 2014 it has become the following expression
Article 22, Paragraph 4, Paragraph 4 of Article 22 Documents with misstatements
The Minister of Justice shall, pursuant to the provisions of paragraph 1 of Appended Table 1 or the upper column of appended table 2, with the status of residence of a foreign national who resides in Japan (excluding those who are certified as refugees under paragraph 1 of Article 61-2). , If any of the facts listed in each of the following items turns out to be found, the status of residence that the alien actually has can be revoked by the procedure specified by the applicable Ordinance of the Ministry of Justice.
(I) A false or other improper means shall be deemed to be a seal of a landing permit pursuant to the provisions of paragraph 1 or 2 of the preceding paragraph (Article 9, paragraph 4 Including records under the provisions of paragraph) or receiving permission.
(Ii) by means of fraud or other unfair means, a seal or the like of landing permission etc. (a seal or permission for landing permission pursuant to the provisions of the preceding paragraph 1 or 2 (limited to those accompanying the determination of status of residence) or permission under this section If there are two or more of these, it means the nearest one, hereinafter the same shall apply in this paragraph), the activities we intend to do in Japan shall not be fraudulent, and in the lower column of Appended Table 1 Having received a seal etc. of the landing permission as falling under any of the activities listed in the right column of the appended table 2 or the activities listed in the right column of Schedule 2 below as the persons having the status or status.
(Iii) In addition to what is listed in the preceding two items, receiving a seal of landing permission etc. by falsely or other improper means.
(Iv) In addition to what is listed in the preceding three items, documents containing misrepresented documents (certificates and misrepresentations pursuant to the provisions of Article 7-2, paragraph 1, which have been delivered upon submission or presentation of documents or museums with misstatements) Including a visa received by a passport by submitting or presenting a document or drawing as described) or a seal or the like of landing permission by submission or presentation of drawings.
(V) Where a license has been obtained pursuant to the provisions of Article 50, paragraph 1 or Article 61-2-2, paragraph 2 by fraudulent or other improper means (after such permission, permission under these provisions or permission for landing Excluding cases where you received an indicium etc.
(Vi) that a person residing with the status of residence listed in the upper column of Schedule 1 of Schedule 1 has stayed without continuing the activities listed in the lower column of the same table in accordance with the status of residence, not less than three months Except when there is a justifiable reason for staying without doing.
(Vii) The status of residence of a Japanese spouse, etc. (a person with a status of a Japanese spouse (also serving as a special adopted Japanese as a civil law (Act No. 89 of 1898 Meiji) Article 817 Hereinafter the same shall apply) or a person who has the status of a person who has been born as a child of a Japanese child) who have a status of residence or a permanent resident having permanent residence Pertaining to the status of residence of a person etc. (Regarding the person who has a status as spouse of permanent resident etc. (excluding those who are also born in Japan as a permanent resident and also have the status of those who continue to stay in Japan) ) To stay in Japan without continuing activities as a person whose spouse's status has been retained for more than six months (without residing in the activity) Except when there is a justifiable reason for that).
(Viii) A seal or permission for landing permission pursuant to the provisions of the preceding paragraph 1 or 2, permission under the provisions of this section, or permission under the provisions of Article 50 paragraph 1 or Article 61-2-2 paragraph 2 Receiving, a person who became a newly mid- and long-term resident shall not notify the Minister of Justice not to report the residential area within ninety days from the date of receiving the seal or permission for the landing permission (for not notifying Except when there is a justifiable reason.
(9) In the case where a mid- and long-term resident has left the residential area notified to the Minister of Justice, within ninety days from the day of said leaving, not to notify the Minister of Justice of the new residential area (justification for not notifying Except when there is a reason.).
(10) The mid- and long-term residents have notified the Minister of Justice of a false residential area.
(2) When seeking to rescind the status of residence pursuant to the provisions of the preceding paragraph, the Minister of Justice shall make the immigration inspector designated by the immigration inspector hear the opinion of said alien.
(3) The Minister of Justice shall, in advance of hearing the opinion set forth in the preceding paragraph, deliver to the alien concerned an opinion listing notifying the date and place of hearing of opinions and facts causing cancellation in advance. Provided, however, that if it is urgent, the immigration inspector or immigration control officer may be notified verbally by notifying the matter to be stated in the notice.
(4) The foreign national or his / her agent 's agent may appear on the date set forth in the preceding paragraph, state his opinion, and submit evidence.
(5) Where the foreign national does not respond to hearings of the opinion set forth in paragraph (2) without a justifiable reason, notwithstanding the provision of the same paragraph, the Minister of Justice shall, pursuant to the provision of paragraph (1) You can cancel your status of residence.
(6) Cancellation of status of residence shall be done by the Minister of Justice delivering a Notice of Rescission of Status of Residence.
(7) In revoking the status of residence pursuant to the provisions of paragraph (1) (excluding item 1 and item 2), the Minister of Justice shall, within the period not exceeding thirty days, be required for the alien to leave Japan The period shall be specified.
(8) In cases where a period is specified pursuant to the provisions of the preceding paragraph, the Minister of Justice may impose restrictions on accommodation and scope of action, and other conditions deemed necessary, to said foreign national, pursuant to the provision of the applicable Ordinance of the Ministry of Justice.
(9) The Minister of Justice shall state the period designated pursuant to the provisions of paragraph (7) and the conditions attached pursuant to the provisions of the preceding paragraph in the Notice of Rescission of Status of Residence prescribed in paragraph (6).

● If an alien acts to encourage or assist in the creation of false documents or the like, or to conduct illegal employment promotion
I will leave the country.
Deportation compulsory reasons etc. to deal exactly with illegal employment promotion act etc will also be effective from 1st July 2010.
The following are added as new deportation forcing reasons, and provisions concerning cancellation of permission for non-qualification activity permission are established.
● Ah. Have done acts to encourage and assist in the creation of falsified and altered documents etc. for the purpose of allowing other foreigners to illegally obtain permission for landing etc.
● ●. Promoted illegal employment promotion
. Having been sentenced to imprisonment without work more than the crime of non-qualification activities
Note: Currently it is integrated into Article 24 (deportation compulsion).

 It is the court 's job to judge the crime,
It is the work of parliamentarians to correct judicial administration contrary to the law legislated by the National Assembly.

Police officers forced confessions that "Do not lick the Sakurada Gate, accept (sin) in the general theory" ".
Prosecutors forced confessions by saying, "I will send you a penalty if I admit (crime), I will send you to prison if I do not approve (sin)." As a Japanese who has undergone democratic education, I can not accept it because I believe in "criminal law principle".
It is about Japan to say (to admit) in general terms!

Even North Korea will not say that (general) accepts (sin) general opinion!

Many foreigners are being sacrificed.
I was forced to assist with the "incident violation incident" against the Chinese in 2010.
So, I am seeking the innocence of four Chinese people.
They did illegal work (activities other than the status of qualification), but because they have not received the disposition under Article 2 (illegal employment promotion crime) of 73 illegal workers (business operators) 73, It is innocent, because it is contrary to the "international law" which prohibits foreigners from being arbitrarily disposed of.

Not only me but also the Chinese (the Korean people) were illegally applied for assistance crimes.
It is a prison sentence for a year and a half imprisonment. There is no parole unless you accept prison. It is a maturity source.

Applicable law Reasons for mistake can not be requested again. However, if the crime of the police officers is clear in the case, we can request a retrial. Police officials 'crimes are "crimes of abuse of the special public servant' s office" because they arrested and arrested in the light of Article 31 of the Constitution, even though they did not violate any law. And, in light of Article 31 of the Constitution, it was a "false accusation sin" because he was inspected and prosecuted while not violating any law.

I asked Japanese political parties for assistance by letter or e-mail, but I was ignored. While doing so, in 2014, 2015, "Immigration Control Violation and Assistance Case" was placed at the Philippine Embassy. I made a criminal action to the Philippine Embassy officials and diplomats in the Philippines. This is exactly like my case in 2010.
It is embarrassing as a rule of law.

I am preparing for complaints to the Office of the High Commission of the United Nations since I have finished gathering evidence that fundamental infringement salvation can not be obtained in Japan.

If there is relief in Japan, it is that the parliamentarians stand up.
So, I am e-mailing every week in this way.

From the standpoint of legislation, I ask you to condemn this illegal judicial administration.
Consideration of conspiracy charges begins, but it is scary to interpret the application illegally more than conspiracy sin itself.
I am not a "crime of promoting illegal employment" prescribed in the "Immigration Act" which is a special law legislated by the Diet against foreigners 'illegal workers' crimes, but rather "criminal penalties" of criminal law without any relation It was applied.
If that wind blows, it is in the Okaya 's theory. If it says to say, it is an assistance aid for "cancellation of status of residence", but because it was in Japan, it is the logic that I was able to work illegally.
A police officer also says, "President, because it is illegal work, if it is a murder, it is a guilty sin against murder charges ..." Is this the logic of the law that the Diet legislated? It's different··

It is horrible to think that this will also affect conspiracy sin (organized crime reserve charges such as terrorism). If you think it is a lie, as a general theory, please discuss with the National Assembly whether the crime law honorable crime will be applied to the illegal worker's income of a foreigner hired by a business operator.
Of course, the provision of special law will be given priority (* 1), so "illegal employment promotion crime" will be applied. At that time, please give examples of individual case for the first time.

I will always be a witness and testify the facts.
Browsers of SNS and programs have come to know the weight of the job.
I am more afraid to interpret the conspiracy sin illegally than the conspiracy sin itself.
※ 1: When employing as a helper at a private home, the employer is not a business operator, so the crime law guarantee is applied. "Illegal employment promotion crime" is when employers hire.

The law subject to this case is the Immigration Act, which is an illegal act against foreigners, so it is an international case. That is why it is under the jurisdiction of the UN High Commissioner for Human Rights.
Diet members are more likely to file a lawsuit against the Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights, but only when the remedies in Japan such as a trial have run out as a condition of the lawsuit. Of course, I have done all the measures, so I am preparing a letter of action (English version).
As it may be possible to ask the question of how the legislature was,
Exhaustion of domestic remedies / application to other international procedures
Depletion of domestic relief / application to other international procedures
Detail of the concern for the alleged violation. Detail which procedures have been pursued, including recourse to the courts and other public authorities, which claims you have made, when and with which which outcomes :
I am e-mailing assistance to the Diet members in this way. Evidence remains in the mail.

This case is a crime against the applicable law.
We can not request a retrial for reasons of application law violation.
However, when criminal facts of police officers involved in the case are confirmed, we can request a retrial. So, we are accusing and accusing special officials involved in the incident.
However, the public prosecutor's office does not accept "prosecution monopolisticism" by making use of "prosecution monopolyism" for crimes of police officers, prosecutors, judges, special public officials involved in the case.

In response to a request to the Diet members, the public prosecutor's office accepts the prosecution letter / prosecution letter, prosecutes the prosecution, admits the mistake, makes a request for retrial, asks the victim to recover honor and apologize and compensate for damages Please "recommend". It is Kankoku ... Judgment is done by the court.

Let me give a concrete overview.
The case of 'illegal worker's crime' against four illegal Chinese who occurred in 2010 and the case of applying 'criminal aid for criminal law' against the same sin against me and former subordinates' Chinese.
Legislation tolerated such torts, so a terrible crime occurred.
It is the application of "criminal law awards" to the Philippine Embassy officials and Philippine diplomats against the same crime, which occurred in 2015, against illegal Filipino people who worked illegally.

Because the Immigration Control Law is revised like every year, I think that the Diet members are the most famous.
Japanese immigration policy does not allow foreigners to do simple labor.

The origin of the incident is that foreigners conducted illegal work outside the status of residence.

Japan's Immigration Control Act, from the spirit of equality under the law and compliance with international law,
For foreigners who have illegally worked outside the status of qualification, under illegal employment crimes (Article 70)
For illegal workers, illegal employment promotion charges (Article 73 2)
It is a legal system that punishes both equally.

However, the judicial officials of the Japanese government,
By illegally exploiting the "Immigration Control and Refugee Recognition Act" (hereinafter referred to as the Immigration Control Act)
In false content and contrary to international law (such as the basic human rights of the UN Charter)
Without any punishment for businesses who illegally worked,
We criminalized the Chinese and the Filipino who were illegally employed by arbitrary "illegal employment crime".

It is clearly against international law because we are punishing only foreigners arbitrarily.
It is contrary to equality under the law of the Constitution of Japan.
Contrary to the purpose of legislation (Immigration Law), it is against the logic of the law to make only foreigners criminals, so only foreigners can not be sinners, foreigners who were illegally employed I am innocent. It is absolutely false charge.

Illegal workers have illegal workers because there are businesses that illegally work.
Illegal employment can not be 100% unless there are no illegal workers to work illegally even if you want to work illegally.
Unilateral punishment is inequality under the law and it is a violation of international law.

And I have nothing to do with illegal work, I and the Chinese of former subordinates in 2010,
And also the diplomats and embassy staff of the Philippine country in 2015,
Criminal punishment was punished by "crime aid" of criminal law against illegal employment.
Needless to say, the aid for assisting illegal work in business activities is "a crime of illegal employment promotion".

Although it is said that reasons for punishment aroused aiding acts against illegal employment,
Assistance for illegal employment is "illegal employment promotion crime"
As the police and prosecutors admit, we have not done the act prescribed by "illegal employment promotion crime"
It is absolutely false charge.
And even now still, judicial officials seize this thing,
In 2015 I am committed criminals to diplomats in the country of the Philippines. It is also embarrassing internationally. It has to be stopped quickly.

The victim has not only me, Chinese of 2010, Filipino of 2015, but also a lot of foreigners. It is a villainous act that Japanese or foreigners misusing power or law.
Criminal acts of national wiggles involving police officers, prosecutors, judges, government officials, etc. are carried out during everyday rice. Is this still silent and overlooking?
Please also have justice for the honor of Japan.

In the case of me, the Chinese of the former subordinates in 2010, the Philippine officials and diplomats in 2015,
We abused and applied the "aiding crime" of criminal law for reasons of providing a false employment contract to foreigners who have illegally worked.

Foreigners submit false employment contracts and obtain status of residence,
In violation of Immigration Law Article 22 (4) 4 (false document submission), correspondence is not criminal disposition, it is administrative penalty "deportation" by the Minister of Justice.

In response to the administrative disposition by the Minister of Justice to leave the country,
Applying the criminal assistance crime is contrary to Article 31 of the Constitution of Japan (any person will be disposed of only in the legislation legislated in the National Assembly).

However, prosecutors and judges, as a reason for assisting illegal employment, misrepresented the applicable law,
Foreigners who engaged in illegal work easily obtained the status of residence by receiving false employment contracts. I was able to stay in Japan because I got my status of residence. I was able to stay in Japan so I was able to work illegally. With "the argument that the tubers profit if the wind blows"
To imprisonment for an alien who worked illegally, and provided a false employment contract,
I and the former subordinates of the Chinese and the Philippine officials and diplomats applied the penal code for criminal law against illegal work crimes.

 First, instead of criminal punishment for employers who illegally worked for "illegal employment promotion crime"
Contrary to international law (basic human rights etc.), only foreigners who are illegally worked,
It is contrary to the logic of law that arbitrarily applies the illegal employment crimes under Article 70 of the Immigration Act violation,
Moreover, because it is clearly an international law violation,
If an employee is innocent, a foreigner who has been hired will also be acquitted.
Therefore, since illegal employment crimes are not established, there are no assistants of illegal work.
Therefore, those who applied assistance guilty are innocent.

Secondly, as foreigners who worked illegally worked on providing false employment contracts, they were able to live in Japan because they were able to obtain the status of residence easily. Because I was able to live in Japan, it is illegal because I made a false assistant to illegal employment and applied illegal work crime because I was able to work illegally.

The assistant for the illegal employment is essentially a business operator prescribed in Article 2 of the Immigration Act 73.
When receiving a false document and obtaining a status of residence it falls under Article 22 4 - 4 of the Immigration Act (withdrawal of status of residence), it is administrative penalty for deportation rather than criminal punishment, so it has nothing to do with illegal work.

Although the indictment is regarded as an assistance aid for illegal employment, correctly it should be an aid for assistance to Article 22 4 - 4 of the Immigration Act (withdrawal of status of residence), but the administrative penalty of criminal law is not applicable.

If you obtain false documents and obtain status of residence,
It falls under Article 22 (4) 4 of the Immigration Control Act and it is obvious that if you work within the status of residence it will not constitute an illegal employment crime of 70.

It is because illegal employment was hired by businesses hiring foreigners who are not qualified to work.
Foreigners who assisted other foreigners, such as providing false employment contracts,
Because administrative penalty for exit from abroad is prescribed by the Immigration Control Act, not a criminal assistance criminal penal, application of assistance guilt is illegal.

Contents By obtaining false employment contracts, it was easy to acquire the status of residence.
Although it applies the criminal assistance crime in the causal relation of,
Conditions for granting status of residence are not subject to law and are issued at the discretion of the Minister of Justice.

Also, it is necessary to have a visa (visa) seal on your passport based on the status of residence certificate so that you are in Japan, but this is done at the discretion of the Foreign Minister,
It can not be stated legally that it has exceeded the discretion of each Minister and made it possible to live in Japan.
The standards of discretion of each minister are private, and it can not be said that it has made it easier for visa and status of residence.

The problem is that in order to make a request for reconsideration of "illegal case of applicable law error" by judicial judgment,
It is an act of grasping and grasping the prescription of a criminal case without accepting complaints and accusations against police officers, prosecutors and judges who have illegally arrested or arrested false charges or false charges.
In the case of
I think that there is a mistake because it is a human being.
If you mistakenly admit the mistake, you will be ruled under the law, but both are grasping.
Since Japan is the "prosecution monopolist" by the prosecution,
If the prosecution accepts "complaint letter" and "accusation letter", it can not be a criminal case.

Since the prosecution does not accept "complaints" and "letters of accusation" for crimes in the case necessary for requesting reconsideration of applicable law, in parallel, we request the UN High Commissioner for Human Rights and other overseas and foreign media for support It is.

Because the prescription of the criminal case is approaching, we ask the Japanese government,
We would like to ask you to make a recommendation as soon as possible for the recovery of honor and reparation to the victims.

If you write in detail, it will be long, so if you need it,
Please see the summary of the case, the PDF which describes the complaint, the letter of accusation, my ID (passport) etc put in the following URL site of stakeholders only.
Please fill out the missing materials and explanation by email.

URL http:

Related information is transmitted in the program.
Oya-san of Moonlight mask
Http://gekkoukamen2010.blog.fc2.com/blog-category-23.html

I will write my information.
Nationality Japan
Birth date
Address
Name   長野 恭博(Yasuhiro Nagano)
E-mail     nagano_mirai@yahoo.co.jp
mobile phone 
 I hope to stand up to make Japan a country that dominates under the law, a country that protects basic human rights, and a country that complies with international law ratified by the Diet.

We are waiting for your reply.
Best regards.
Postscript: Anyway, we will publish the outgoing call record of these e-mails, telegrams etc. in the program, SNS etc.

That is the contents of the mail.
Please support me as media.
that's all.
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

世界のメディアへの発信: 日本政府の合法的な移民に対する不法な扱い(人権侵害)を救済してください

世界のメディアへの発信:
日本政府の合法的な移民に対する不法な扱い(人権侵害)を救済してください

 
国際社会の皆さん、日本の不法な移民政策にも注目してください。
日本の移民政策に比べたら、トランプ大統領は善人です。
私には、移民を大事にする、人権尊重の素晴らしい大統領に見えます。
日本の不法な移民政策の事実を、マスメディアとして、報道することで支援をお願いします。
そして、少なくとも日本人被害者である私、中国人の被害者、フィリッピン被害者を支援してください。被害者は、世界中にいます。あなたの周りにもいます。

日本の国会議員は、与野党議員のすべてが、建前は民主主義ですが、本音は軍国主義者です。
今のところ、誰一人として、支援の名乗りを上げません。
それは、汚職、贈収賄、選挙違反などで、警察、検察に弱みを握られているので、
警察や検察の犯罪には目をつぶるのです。
以下は、日本の国会議員へのメール内容です。

拝啓、
 先進諸国がテロや移民問題、難民問題で苦しんでいる中、日本では、従来から国際法(国連憲章の基本的人権等)に反して、多くの外国人(在留資格のある合法的な移民)を恣意的に犯罪人にして国外へ強制退去させています。

■憲法31条(罪刑法定主義)をご存知ですか?
憲法三十一条
「何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない 」・・・法律の定める手続によらなければ、と言うのは、国会で立法した法律です。(判例では、地方議会で成立した条例も含みます)
 
■憲法14条(罪刑法定主義)をご存知ですか?
第14条(法の下の平等)第1項
すべて国民は、法の下に平等であって、
人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、
政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

■【出入国管理及び難民認定法(入管法)】を思い出してください

不法就労をした者の罪・・・
●今回の該当は(四の資格外活動)【第70条 不法就労罪】
第70条  次の各号のいずれかに該当する者は、
3年以下の懲役若しくは禁錮若しくは300万円以下の罰金に処し、
又はその懲役若しくは禁錮及び罰金を併科する。
一 第3条の規定に違反して本邦に入つた者
二 入国審査官から上陸の許可等を受けないで本邦に上陸した者
三 第22条の4第1項(第1号又は第2号に係るものに限る。)の規定により在留資格を取り消された者で本邦に残留するもの
三の二 第22条の4第7項(第61条の2の8第2項において準用する場合を含む。)の規定により期間の指定を受けた者で、当該期間を経過して本邦に残留するもの
●四 第19条第1項の規定に違反して収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を専ら行つていると明らかに認められる者

●不法就労をさせた者の罪【第73条の2 不法就労助長罪】
第73条 の2 次の各号のいずれかに該当する者は、
3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一 事業活動に関し、外国人に不法就労活動をさせた者
二 外国人に不法就労活動をさせるためにこれを自己の支配下に置いた者
三 業として、外国人に不法就労活動をさせる行為又は前号の行為に関しあつせんした者

2 前項各号に該当する行為をした者は、次の各号のいずれかに該当することを知らないことを理由として、同項の規定による処罰を免れることができない。ただし、過失のないときは、この限りでない。
一 当該外国人の活動が当該外国人の在留資格に応じた活動に属しない収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動であること。
二 当該外国人が当該外国人の活動を行うに当たり第19条第2項の許可を受けていないこと。
三 当該外国人が第70条第1項第1号から第3号の2まで、第5号、第7号から第7号の3まで又は第8号の2から第8号の4までに掲げる者であること。
(両罰規定)
 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関して第73条の2若しくは第74条から第74条の6までの罪、第74条の6の2(第1項第3号及び第4号を除く。)の罪若しくはその未遂罪又は第74条の8の罪を犯したときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても、各本条の罰金刑を科する。


●虚偽の書類を提出して在留資格を得た者に対する規定
【入管法の第22条の4 在留資格の取消し 今回は④】
第22条の4 法務大臣は,次の各号に掲げるいずれかの事実が判明したときは、
外国人が現に有する在留資格を取り消すことができます。

① 偽りその他不正の手段によ、上陸拒否事由該当性に関する入国審査官の判断を誤らせて上陸許可の証印等を受けた場合。 
②偽りその他不正の手段により、本邦で行おうとする活動を偽り、上陸許可の証印等を受けた場合。例えば、本邦で単純労働を行おうとする者が「技術」の在留資格に該当する活動を行う旨申告した場合などが本号による取消しの対象となる。 
③ 申請人が本邦で行おうとする活動以外の事実を偽り、上陸許可の証印等を受けた場合。例えば,申請人が自身の経歴を偽った場合などが本号による取消しの対象となる。 
●④①から③までに該当する以外の場合で、虚偽の書類を提出して上陸許可の証印等を受けた場合。本号においては、偽りその他不正の手段によることは要件となっておらず、申請者に故意があります。ことは要しない。 
 現に有する在留資格(入管法別表第1の上欄の在留資格(注)に限る。)に係る活動を継続して3か月以上行っていない場合(ただし、当該活動を行わないで在留していることにつき正当な理由があります。場合を除く。)。 また、在留資格の取消しに当たっては、事前に対象となる外国人から意見を聴取することとされています。

注:前記22条の4の4項が嘘偽の書類提出です。
  嘘偽の書類は、現在では、不実の文書に変更になっています。

●2014年現在は下記の表現になっています
第22の4条の4項 不実の記載のある文書
法務大臣は、別表第一又は別表第二の上欄の在留資格をもつて本邦に在留する外国人(第六十一条の二第一項の難民の認定を受けている者を除く。)について、次の各号に掲げるいずれかの事実が判明したときは、法務省令で定める手続により、当該外国人が現に有する在留資格を取り消すことができる。
一 偽りその他不正の手段により、当該外国人が第五条第一項各号のいずれにも該当しないものとして、前章第一節又は第二節の規定による上陸許可の証印(第九条第四項の規定による記録を含む。)又は許可を受けたこと。
二 偽りその他不正の手段により、上陸許可の証印等(前章第一節若しくは第二節の規定による上陸許可の証印若しくは許可(在留資格の決定を伴うものに限る。)又はこの節の規定による許可をいい、これらが二以上ある場合には直近のものをいうものとする。以下この項において同じ。)の申請に係る本邦において行おうとする活動が虚偽のものでなく、別表第一の下欄に掲げる活動又は別表第二の下欄に掲げる身分若しくは地位を有する者としての活動のいずれかに該当するものとして、当該上陸許可の証印等を受けたこと。
三 前二号に掲げるもののほか、偽りその他不正の手段により、上陸許可の証印等を受けたこと。
●四 前三号に掲げるもののほか、不実の記載のある文書(不実の記載のある文書又は図画の提出又は提示により交付を受けた第七条の二第一項の規定による証明書及び不実の記載のある文書又は図画の提出又は提示により旅券に受けた査証を含む。)又は図画の提出又は提示により、上陸許可の証印等を受けたこと。
五 偽りその他不正の手段により、第五十条第一項又は第六十一条の二の二第二項の規定による許可を受けたこと(当該許可の後、これらの規定による許可又は上陸許可の証印等を受けた場合を除く。)。
六 別表第一の上欄の在留資格をもつて在留する者が、当該在留資格に応じ同表の下欄に掲げる活動を継続して三月以上行わないで在留していること(当該活動を行わないで在留していることにつき正当な理由がある場合を除く。)。
七 日本人の配偶者等の在留資格(日本人の配偶者の身分を有する者(兼ねて日本人の特別養子(民法(明治二十九年法律第八十九号)第八百十七条の二の規定による特別養子をいう。以下同じ。)又は日本人の子として出生した者の身分を有する者を除く。)に係るものに限る。)をもつて在留する者又は永住者の配偶者等の在留資格(永住者等の配偶者の身分を有する者(兼ねて永住者等の子として本邦で出生しその後引き続き本邦に在留している者の身分を有する者を除く。)に係るものに限る。)をもつて在留する者が、その配偶者の身分を有する者としての活動を継続して六月以上行わないで在留していること(当該活動を行わないで在留していることにつき正当な理由がある場合を除く。)。
八 前章第一節若しくは第二節の規定による上陸許可の証印若しくは許可、この節の規定による許可又は第五十条第一項若しくは第六十一条の二の二第二項の規定による許可を受けて、新たに中長期在留者となつた者が、当該上陸許可の証印又は許可を受けた日から九十日以内に、法務大臣に、住居地の届出をしないこと(届出をしないことにつき正当な理由がある場合を除く。)。
九 中長期在留者が、法務大臣に届け出た住居地から退去した場合において、当該退去の日から九十日以内に、法務大臣に、新住居地の届出をしないこと(届出をしないことにつき正当な理由がある場合を除く。)。
十 中長期在留者が、法務大臣に、虚偽の住居地を届け出たこと。
2 法務大臣は、前項の規定による在留資格の取消しをしようとするときは、その指定する入国審査官に、当該外国人の意見を聴取させなければならない。
3 法務大臣は、前項の意見の聴取をさせるときは、あらかじめ、意見の聴取の期日及び場所並びに取消しの原因となる事実を記載した意見聴取通知書を当該外国人に送達しなければならない。ただし、急速を要するときは、当該通知書に記載すべき事項を入国審査官又は入国警備官に口頭で通知させてこれを行うことができる。
4 当該外国人又はその者の代理人は、前項の期日に出頭して、意見を述べ、及び証拠を提出することができる。
5 法務大臣は、当該外国人が正当な理由がなくて第二項の意見の聴取に応じないときは、同項の規定にかかわらず、意見の聴取を行わないで、第一項の規定による在留資格の取消しをすることができる。
6 在留資格の取消しは、法務大臣が在留資格取消通知書を送達して行う。
7 法務大臣は、第一項(第一号及び第二号を除く。)の規定により在留資格を取り消す場合には、三十日を超えない範囲内で当該外国人が出国するために必要な期間を指定するものとする。
8 法務大臣は、前項の規定により期間を指定する場合には、法務省令で定めるところにより、当該外国人に対し、住居及び行動範囲の制限その他必要と認める条件を付することができる。
9 法務大臣は、第六項に規定する在留資格取消通知書に第七項の規定により指定された期間及び前項の規定により付された条件を記載しなければならない。

●外国人が、嘘偽の書類等の作成等を教唆・幇助する行為をや不法就労助長行為をすると
国外退去になります
不法就労助長行為等に的確に対処するための退去強制事由等も2010年年7月1日から施行される。
新たな退去強制事由として,次のものが加わり、また,資格外活動許可の取消しに係る規定を設けられる。
●あ.他の外国人に不正に上陸許可等を受けさせる目的での,偽変造文書等の作成等を教唆・幇助する行為をしたこと
●い.不法就労助長行為をしたこと
う.資格外活動の罪により禁錮以上の刑に処せられたこと 
注:現在は第24条 (退去強制)に統合されています。

 犯罪を裁くのは裁判所の仕事ですが、
国会が立法した法律に反する司法行政を正すのは、国会議員の仕事です。

 警察官は、「桜田門をなめるんじゃねえ、(罪を)一般論で認めろ」と自白を強要しました。
検察官は、「(罪を)認めれば罰金、(罪を)認めなければ刑務所へ送ったる」と言って自白を強要しました。民主教育を受けた日本人として、「罪刑法定主義」を信じて、認めるわけにはいきません。
一般論で(罪を)認めろと言うのは日本くらいでしょう!

北朝鮮ですら、(罪を)一般論で認めろとは言わないでしょう!

多くの外国人が犠牲になっています。
私は、2010年の中国人に対する「入管法違反事件」で幇助罪となりました。
それで、中国人4人の無罪を求めています。
彼らは、不法就労(資格外活動)をしましたが、不法就労させた雇用主(事業者が)73の2条(不法就労助長罪)で処分を受けてないので、「法の下での平等に反します」そして、外国人を恣意的に処分することを禁じた「国際法」に反しますので、無罪です。

私だけでなく、中国人(朝鮮族)も幇助罪を不法に適用されました。
懲役1年半の実刑です。刑務所も認めなければ仮釈放はありません。満期出所です。

適用法誤りの理由では、再審請求出来ません。しかし、事件で警察官らの犯罪が明らかであれば、再審請求できます。警察官らの犯罪は、憲法31条に照らして、何ら法律に違反していないのに逮捕監禁したので「特別公務員職権乱用罪」です。そして、憲法31条に照らして、何ら法律に違反していないのに送検・起訴したので「虚偽告訴罪」です。

私は、日本の政党に手紙やメールで支援を求めましたが、無視されました。そうこうしているうちに、2014、2015には、フィリッピン大使館で「入管法違反および幇助事件」が置きました。フィリッピン大使館職員やフィリッピン国外交官まで刑事処分にしました。これは2010年の私の事件とまったくおなじです。
法治国家として恥ずかしい限りです。

私は、日本国の中では、基本的侵害の救済が得られない証拠の収集が終わりましたので、国連高等弁務官事務所へ苦情の提訴を準備しています。

日本国内で、救済があるとすれば、国会議員が立ち上がることです。
それで、こうして毎週、メールをしています。

 立法の立場から、この不法な司法行政の糾弾をお願いします。
共謀罪の審議が始まりますが、共謀罪そのものよりも、適用を不法に拡大解釈するほうが怖いのですよ。
 私は、外国人の「不法就労罪」に対して国会が立法した特別法である「入管法」に規定する、「不法就労助長罪」ではなく、何ら関係のない刑法の「幇助罪」を適用されました。
 それも、風が吹けば桶屋の論法でです。言うのであれば「在留資格取り消し」に対する幇助罪ですが、日本におられるようにしたから、不法就労ができたとの論理です。
 警察官も、「社長、不法就労だからいいけど、殺人だったら、殺人罪に対するほう助罪ですよ・・・」と言うのです。これが、国会が立法した法の論理ですか?違いますよね・・

 これが、共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)にも波及するのかと思うとぞっとします。嘘だと思うなら、一般論として、事業者に雇われた外国人の不法就労罪に刑法のほう助罪が適用されるかを国会で審議してください。
 もちろん、特別法の規定が優先(※1)されますから、「不法就労助長罪」が適用されるというでしょう。その時、はじめて個別のケースの実例を挙げてください。

 私は、いつでも証人になり事実を証言します。
SNSやプログの閲覧者も、やっとことの重さがわかってくれるようになりました。
共謀罪そのものより、共謀罪を不法に拡大解釈するほうが怖いのです。
※1:お手伝いさんとして個人宅に雇われた時は、雇用者が事業者ではありませんから、刑法のほう助罪が適用されます。「不法就労助長罪」は事業者が雇用した場合です。

 この事件の対象となる法律は入管法で、外国人に対するい違法行為ですので、国際的な事件です。だから国連人権高等弁務官事務所の管轄なのです。
 国連人権高等弁務官事務所への提訴は国会議員の方が詳しい思いますが、提訴の条件として裁判など日本国内での救済策が尽きた場合のみです。もちろん、すべての策を尽くしましたので、提訴状(英文)を作成中です。
 もしかして、立法府はどうだったのかとの問いかけも想定されますから、
Exhaustion of domestic remedies/application to other international procedures 
国内救済の枯渇/他の国際手続きへの適用
Steps taken by or on behalf of the alleged victims to obtain redress within the State concerned for the alleged violation. Detail which procedures have been pursued, including recourse to the courts and other public authorities, which claims you have made, when and with which outcomes:
こうして国会議員へ支援依頼のメールをしています。メールは証拠が残ります。

 この事件は適用法違反の犯罪です。
適用法違反の理由では再審請求できません。
しかし、事件にかかる警察官らの犯罪事実が確定すると再審請求できます。それで、事件にかかわる特別公務員らを告訴、告発しています。
 しかし、事件に関わる警察官、検察官、裁判官ら、特別公務員の犯罪にする、告訴状や告発状を検察庁が「起訴独占主義」を悪用して受理しません。

 国会議員への依頼は、検察庁が告訴状・告発状を受理し、起訴を行い、検察は過ちを認め、再審請求を行い、被害者に対して名誉の回復および謝罪と損害賠償を行うように「勧告」してください。カンコクです・・・・裁きは裁判所が行います。

 では、具体的に概要を述べます。
 2010年に起きた、不法した中国人4名に対する「不法就労罪」事件や、私および元部下の中国人に対する、同罪に対する「刑法の幇助罪」適用事件。
 こうした不法行為を、立法が黙認するので、大変な犯罪が起きました。
 2015年に起きた、不法就労したフィリッピン人に対する「不法就労罪」事件やフィリッピン大使館職員やフィリッピン外交官に対する同罪に対する「刑法の幇助罪」適用事です。

 入管法は毎年のように改定されていますので、国会議員の皆さんが一番詳しいと思います。
日本の移民政策は外国人の単純労働を認めておりませんよね。

 事件の発端は、外国人が在留資格外の不法就労行為をしたことにあります。

  日本の入管法は、法の下の平等、国際法の遵守の精神から、
 資格外の不法就労をした外国人に対しては、不法就労罪(70条)で、
 不法就労させた事業者には不法就労助長罪(73条の2)で、
 両者を平等に処罰する法体系になっていますよね。

 しかし、日本政府の司法関係者は、
日本国の「出入国管理及び難民認定法」(以下入管法と言う)を不法に悪用して、
 虚偽の内容で、そして国際法(国連憲章の基本的人権等)に反して、
 不法就労させた事業者には何の処罰もせずに、
不法就労をさせられた中国人やフィリッピン人を恣意的に「不法就労罪」で刑事処罰しました。

 これでは外国人だけを恣意的に処罰しているので明確に国際法に反しております。
また、日本国憲法の法の下での平等に反しております。
 立法(入管法)趣旨に反して、外国人だけを犯罪者にすることは法の論理に反するので、外国人だけを罪人にすることはできず、不法就労した(させられた)外国人は無罪です。全くの冤罪です。

 不法就労は、不法就労をさせる事業者がいるから不法就労者が発生するのです。
不法就労したくても不法就労させる事業者がいなければ、不法就労は100%できません。
 一方的な処罰は法の下での不平等であり国際法違反です。

 そして不法就労とは全く関係のない、2010年の私や元部下の中国人、
そして2015年のフィリピン国の外交官や大使館職員をも、
不法就労に対する刑法の「幇助罪」で刑事処罰しました。
 言うまでもなく、事業活動における、不法就労に対しての幇助罪は、「不法就労助長罪」ですよね。

 処罰理由は不法就労に対する幇助行為をしたとのことですが、
不法就労に対する幇助罪は「不法就労助長罪」であり、
警察、検察も認めているように、「不法就労助長罪」の規定する行為はしておらず、
全くの冤罪です。
 そして今もなお、司法関係者は、このことを握りつぶすので、
2015年にはフィリッピン国の外交官まで犯罪人にして罪を重ねています。国際的にも恥ずかしいことです。速く、止めなければなりません。

 被害者には、2010年の私や中国人、そして2015年のフィリピン人だけでなく、数多くの外国人がいます。日本人や外国人が権力や法に疎いことを悪用した、極悪な行為です。
 警察官、検察官、裁判官、政府役人らが関わる国家ぐるみの犯罪行為が、日常茶飯時に行われています。これでも、黙って、見過ごすのですか?
 日本国の名誉のためにも、正義をもってください。

 2010年の私や元部下の中国人、2015年のフィリッピン人職員や外交官の場合は、
虚偽の雇用契約書を、不法就労した外国人に提供した理由で刑法の「幇助罪」を悪用し、適用しました。

 外国人が虚偽の雇用契約書を提出して在留資格を得ることは、
入管法22条4の4(虚偽の書類提出)違反で、対応は、刑事処分ではなく、法務大臣による「国外退去」行政処分です。

 法務大臣による 国外退去の行政処分に対して、
刑法の幇助罪を適用することは、日本国憲法第31条(何人も国会で立法された法律にのみ処分される)に反しております。

 しかし検察官および裁判官は、不法就労に対する幇助理由として、適用法を偽り、
不法就労を行った外国人は、内容虚偽の雇用契約書の提供を受けることで、在留資格取得を容易に得られた。在留資格が得られたので日本に在留できた。日本に在留できたから不法就労できた。との 「風が吹けば桶屋が儲かる論法」で、
 不法就労をした外国人を懲役刑に、そして虚偽の雇用契約書を提供した、
とされた私や元部下の中国人そしてフィリッピン人職員や外交官には、不法就労罪に対する刑法の幇助罪を適用しました。

 第一に、不法就労させた雇用主を「不法就労助長罪」で刑事処罰せずに、
不法就労させられた外国人だけを、国際法(基本的人権等)に反して、
恣意的に入管法違反70条の不法就労罪を適用しているのは法の論理に反し、
また明らかに国際法違反ですので、
雇用したものが無罪であれば、雇用させられた外国人も無罪です。
 したがって不法就労罪は成立しませんので、不法就労の幇助者も存在しません。
よって、幇助罪を適用された者は無罪です。

 第二に、不法就労をした外国人は虚偽の雇用契約書の提供を受けたので、在留資格を容易に得ることができたので、日本に在住できた。日本に在住できたので、不法就労ができたとして、不法就労に対する、虚偽の幇助者をでっち上げ、不法就労罪を適用しているので不法です。

 あくまでも不法就労に対する幇助者は、入管法73の2条に規定する事業者です。
 虚偽の書類を受け在留資格を得た場合は入管法22条4の4(在留資格取消)に該当し、刑事罰でなく国外退去の行政処分ですので、不法就労とはまったく関係ありません。

 起訴状は、不法就労に対する幇助罪としていますが、正しくは、入管法22条4の4(在留資格取消)に対する幇助罪とすべきですが、国外退去の行政処分に、刑法のほう助罪は適用できません。

 仮に、虚偽の書類を受け在留資格を得た場合は、
入管法22条4の4に該当するだけで、在留資格内で働いた場合は70条の不法就労罪とはならないことは明白です。

 不法就労となるのは、働く資格のない外国人を雇用する事業者に雇用されたからです。
また他の外国人に、虚偽の雇用契約書などを提供するなどの幇助をした外国人は、
刑法幇助罪ではなく、入管法で国外退去の行政処分が規定されていますので、幇助罪適用は違法です。

  内容虚偽の雇用契約書の提供を受けることで、在留資格取得を容易に得られた。
との因果関係で、刑法幇助罪を適用しますが、
 在留資格の付与条件は法律の規定がなく、法務大臣の裁量で交付されるものです。

 また、日本におられるようにするのは、在留資格証明書をもとに、パスポートにビザ(査証)の証印が必用ですが、これは外務大臣の裁量で行われるものであり、
各大臣の裁量権を超えて、日本に在住できるようにしたとは、法的には全く言えません。
各大臣の裁量の基準は非公開であり、在留資格やビザを容易にしたとは言えません。

 問題は、こうした指摘をして、司法による「適用法誤りの違法な事件」を再審請求するため、
不法な逮捕監禁や虚偽告訴をした警察官、検察官、裁判官に対する、告訴状や告発状を受理せず、刑事事件の時効を狙い握りつぶす行為です。
 
 人間ですから誤ちはあると思います。
誤ちを素直に認めれば、法の下での統治になりますが、いずれも握りつぶすのです。
日本は検察による「起訴独占主義」ですので、
検察が「告訴状」「告発状」を受理しなければ、刑事事件にできません。

 適用法誤りの再審請求に必要な、事件における犯罪に対する「告訴状」「告発状」を検察が受理しないので、並行して、国連人権高等弁務官や諸外国、海外のマスコミに支援を要請しています。

 刑事事件の時効が迫っておりますので、日本政府に対し、
早急に犠牲者への名誉の回復と賠償を勧告をして戴きたくお願いします。

 詳しく書くと長くなりますので、必用であれば、
事件の概要や告訴状、告発状などを記載したPDF、私の身分証明(パスポート)などは、関係者限定の下記URLサイトに置きましたので、ご覧ください。
足りない資料や説明はメールにて、ご請求ください。

  URL   

 関連情報はプログで発信しています。
 月光仮面のおやじさん 
http://gekkoukamen2010.blog.fc2.com/blog-category-23.html

私の情報を記載します。
国籍   日本

氏名   長野 恭博(Yasuhiro Nagano)
E-mail   nagano_mirai@yahoo.co.jp

 日本を法の下で支配する国、基本的人権を守る国、国会が批准した国際法を遵守する国にするために、立ち上がってくれることを期待します。

ご支援の返事があることをお待ちいたしております。
敬具。
追伸:いずれ、これらのメールの発信先、電文等の発信記録はプログ、SNS等で公開します。

以上がメールの内容です。
どうぞ、メディアとして支援をしてください。
以上。

 
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アメリカのメディアへの情報提供とお願い

アメリカのメディアへの情報提供とお願い


拝啓、
  トランプ米大統領は6日、16日に発効する、イスラム圏諸国からの入国禁止に関する大統領令の修正版に署名しましたが、今回は、新たなビザ申請者のみを対象とし、既にビザを保有している人や米国の永住権(グリーンカード)保有者には適用されない。とのことですので、まずは歓迎します。

 次は、メキシコとの壁です。
不法入国できないように「壁」の建設を実行しようとしていますが、
大金を使って、「壁」を作るなんて馬鹿げています。クレイジーです。
 そんなに税金を浪費したいのであれば、「壁の建設費」を、貧しい労働者の医療費や生活費の支援に回すことです。貧しい労働者に与えるのが嫌ならば、米軍の軍事費に使うべきです。
 例えば、在日米軍の厚木基地のFAー18軍用機は、金がないので6割が飛べない状況です。だから、北朝鮮に3月6日、在日米軍を狙い、アメリカ軍をあざ笑うように、ミサイルを4発も日本近海のEEZに着弾させたのです。

 「壁」がなくても、不法移民を入国させない方法は簡単です。
 不法移民がアメリカに流入するのは、不法入国の移民を雇用する者がいるからです。
不法入国でも金が稼げるので、アメリカに行くのです。
 不法移民を雇用させないことです。不法就労した外国人と不法移民を雇用した者を刑事処分にすれば、だれも不法移民を雇いませんよ。
 アメリカで不法移民を雇用する者がいなければ、アメリカに行く理由がありません。したがって、アメリカに流入する不法移民は、いなくなります。

 売春する女を、買う男がいなくなれば、売春婦は存在しません。当たり前のことです。
 不法移民を、「おいで、おいで」と誘っておいて、大統領が文句をいうなんてクレイジーです。

 アメリカ人の雇用を奪う不法移民は、法律で、厳しく刑事処分して国外退去にすることです。これだけでは、外国人に対する恣意的な処分を禁じた国際法に反します。
 したがって、不法移民として働いた者、働かせた者の両者を平等に処分することです。
 働く資格がない、不法移民については、厳しく刑事処分し、併せて、雇用した者(会社や個人)を、不法移民以上に厳しく刑事処分することです。

 トランプ大統領はアメリカを強い国にするといっています。そうであれば、多くの移民が必要なことは明白です。

 アメリカは自由と民主主義の国です。当然、法の下で統治する国です。そうであれば、多くの外国人を、合法的な移民として受け入れるしかないと思います。
 アメリカが必要とする、合法的な移民については、法律の下で、アメリカ人と同等に扱うことです。
 そうでなければ、優秀な人材がアメリカに集まらず、アメリカを強くすることはできません。優秀な人材は、世界中が欲しがっています。必用とされる国に行くだけです。
 
 しかし、もっとアンフェアーな国がいます。それは日本です。
 日本の、移民に関する法律である、「入管法」は、法の下の平等、国際法の遵守の精神から、在留資格外の不法就労をした外国人に対しては、不法就労罪(70条)で、不法就労させた事業者には不法就労助長罪(73条の2)で、両者を平等に刑事処罰する法体系になっています。
 しかし、日本の司法行政は、従来から国際法(国連憲章の基本的人権等)に反して、
多くの外国人(合法的な移民)を恣意的に犯罪人にして国外へ強制退去させていますので、
国際社会で日本のアンフェアーで、不法な移民行政を糾弾してください。
 私は、日本政府の犠牲者です。いつでも証人になります。
 事件の概要や告訴状、告発状などを記載したPDF、私の身分証明(パスポート)などは、関係者限定の下記URLサイトに置きましたので、ご覧ください。

 メールで連絡いただければ、詳細をメールで提供いたします。
現在、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)へ、苦情の提訴を準備中です。
  URL   
 関連情報はプログで発信しています。月光仮面のおやじさん 
http://gekkoukamen2010.blog.fc2.com/blog-category-23.html

 2016年の新年の挨拶で、ローマ法王は言いました。「平和の敵は戦争だけではない、無関心も敵だ」。いい言葉です。
今や、移民問題は世界をも動かす大問題となっています。
アメリカの移民政策がうまくいくと、ヨーロッパでも使えます。
アメリカの移民問題については国際社会で関心をもって、アメリカ市民を支援しましょう。 
日本の悪質で不法な移民行政(入管法違反(幇助)事件)も国際社会で糾弾するなど、メディアとして支援してください。
敬具、
2017年3月7日
私の情報を記載します。
国籍   日本
     nagano_mirai@yahoo.co.jp

以上
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

中国のメディアへの情報提供とお願い

中国のメディアへの情報提供とお願い


拝啓、
  トランプ米大統領は6日、16日に発効する、イスラム圏諸国からの入国禁止に関する大統領令の修正版に署名しましたが、今回は、新たなビザ申請者のみを対象とし、既にビザを保有している人や米国の永住権(グリーンカード)保有者には適用されない。とのことですので、まずは歓迎します。

 次は、メキシコとの壁です。これはアジアにも言えることです。
不法入国できないように「壁」の建設を実行しようとしていますが、
大金を使って、「壁」を作るなんて馬鹿げています。クレイジーです。
 そんなに税金を浪費したいのであれば、「壁の建設費」を、貧しい労働者の医療費や生活費の支援に回すことです。貧しい労働者に与えるのが嫌ならば、米軍の軍事費に使うべきです。
 例えば、在日米軍の厚木基地のFAー18軍用機は、金がないので6割が飛べない状況です。だから、北朝鮮は3月6日、在日米軍を狙った訓練で(北朝鮮発表)、アメリカ軍をあざ笑うように、ミサイルを4発も日本のEEZに着弾(3発)させたのです。

 「壁」がなくても、不法移民を入国させない方法は簡単です。
 不法移民がアメリカに流入するのは、不法入国の移民を雇用する者がいるからです。
不法入国でも金が稼げるので、アメリカに行くのです。

 不法移民を雇用させないことです。不法就労した外国人と不法移民を雇用した者を刑事処分にすれば、だれも不法移民を雇いませんよ。
 アメリカで不法移民を雇用する者がいなければ、アメリカに行く理由がありません。したがって、アメリカに流入する不法移民は、いなくなります。

 売春する女を、買う男がいなくなれば、売春婦は存在しません。当たり前のことです。
 不法移民を、「おいで、おいで」と誘っておいて、大統領が文句をいうなんてクレイジーです。

 アメリカ人の雇用を奪う不法移民は、法律で、厳しく刑事処分して国外退去にすることです。これだけでは、外国人に対する恣意的な処分を禁じた国際法に反します。
 したがって、不法移民として働いた者、働かせた者の両者を平等に処分することです。
 働く資格がない、不法移民については、厳しく刑事処分し、併せて、雇用した者(会社や個人)を、不法移民以上に厳しく刑事処分することです。

 トランプ大統領はアメリカを強い国にするといっています。そうであれば、多くの移民が必要なことは明白です。

 アメリカは自由と民主主義の国です。当然、法の下で統治する国です。そうであれば、多くの外国人を、合法的な移民として受け入れるしかないと思います。

 アメリカが必要とする、合法的な移民については、法律の下で、アメリカ人と同等に扱うことです。そうでなければ、優秀な人材がアメリカに集まらず、アメリカを強くすることはできません。優秀な人材は、世界中が欲しがっています。必用とされる国に行くだけです。
 合法的な移民を、都合の良いように働かせて、使い捨てにしてはいけません。
 
 しかし、もっとアンフェアーな国がいます。それは日本です。
中国人やフィリッピン人が犠牲者になっています。そして、もっと多くの国々の外国人が日本政府によって、合法的な移民が不法に犯罪者にされています。
 アジアのメディアの皆さん、この問題に注目してください。

 日本の、移民に関する法律である、「入管法」は、法の下の平等、国際法の遵守の精神から、在留資格外の不法就労をした外国人(合法的な移民)に対しては、不法就労罪(70条)で、不法就労させた事業者には不法就労助長罪(73条の2)で、両者を平等に刑事処罰する法体系になっています。
 しかし、日本の司法行政は、従来から国際法(国連憲章の基本的人権等)に反して、
多くの外国人(合法的な移民)を、恐るべきことに、恣意的に犯罪人にして、国外へ強制退去させていますので、国際社会で、日本のアンフェアーで、不法な移民行政を糾弾してください。

 私の知る限り、中国人やフィリッピン人が犠牲になっています。フィリッピンの外交官ですら犯罪人にされています。私は日本人ですが、私も日本政府の犠牲者です。いつでも証人になります。それで私は、日本の司法関係者を告訴、告発しています。

 この事実を知れば、世界は驚愕します!!
 事件の概要や告訴状、告発状などを記載したPDF、私の身分証明(パスポート)などは、関係者限定の下記URLサイトに置きましたので、ご覧ください。但しほとんどが日本語です。
まずは、Google等でコンピュータ翻訳してご覧ください。

 メールで連絡いただければ、詳細をメールで提供いたします。
現在、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)へ、苦情の提訴を準備中です。
  URL   
 関連情報はプログで発信しています。月光仮面のおやじさん 

http://gekkoukamen2010.blog.fc2.com/blog-category-23.html
 2016年の新年の挨拶で、ローマ法王は言いました。「平和の敵は戦争だけではない、無関心も敵だ」。いい言葉です。
今や、移民問題は世界を動かす大問題となっています。
アメリカの移民政策がうまくいくと、ヨーロッパやアジアでも使えます。
アメリカの移民問題については国際社会で関心をもって、アメリカ市民を支援しましょう。 
日本政府の、悪質で、不法な移民行政(入管法違反(幇助)事件)も、国際社会で糾弾するなど、メディアとして支援してください。
敬具、
2017年3月9日
私の情報を記載します。
国籍   日本
     nagano_mirai@yahoo.co.jp

以上
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

創価学会への手紙公開!今や、世界は「移民問題」「難民問題」で揺れています。 創価学会の根本的な目標「生命の尊厳」の確立に基づく「万人の幸福」と「世界平和の実現」ですね、 であれば「法の下での統治」「基本的人権の侵害」「国際法の遵守」は目指す方向と同じです。 なぜ無視するのですか??

創価学会への手紙公開!今や、世界は「移民問題」「難民問題」で揺れています。
創価学会の根本的な目標「生命の尊厳」の確立に基づく「万人の幸福」と「世界平和の実現」ですね、
であれば「法の下での統治」「基本的人権の侵害」「国際法の遵守」は目指す方向と同じです。
なぜ無視するのですか??



創価学会はHPで「創価学会が目指すもの」として、
創価学会は、日蓮大聖人(1222~1282)の仏法を信奉する団体です。
「創価」とは価値創造を意味します。
その価値の中心である「生命の尊厳」の確立に基づく「万人の幸福」と「世界平和の実現」が、
創価学会の根本的な目標です。」とあります。

であれば「法の下での統治」「基本的人権の侵害」「国際法の遵守」は目指す方向と同じです。

創価学会
会長 原田 稔 様
平成27年12月14日
長 野 恭 博

 安部首相は、諸外国に対して「法の下での統治」を唱えています。また国際法の遵守を唱えていますが、実は日本国内では、国会が制定した法律とは反する司法を行ない、憲法31条 罪刑法定主義による統治がなされておらず、警察官、検察官、裁判官ら特別公務員による人権侵害が大っぴらにされており、警察官、検察官、裁判官ら特別公務員によって、北朝鮮の拉致と同じように拉致が平然と行なわれ、この拉致は中国やフィリピン外交官などの諸外国の国民にまで被害が及んでおります。

 この国家権力による野蛮な人権侵害を、国際社会から指摘され糾弾される前に緊急にとめるべく、平和憲法を護り国民の生命安全と財産を守る政権与党の公明党代表 参議院議員 山口 那津男 代表に対処をお願いいたしておりますが応答がありません。

 実は、公明党には、党本部や国会議員などへ再三メール等で支援要請を致しておりますが、お返事を頂いておりません。
 平成27年9月3日付けで 衆議院議員 漆原良夫 様の議員会館事務所へ、また平成27年9月10日付けでは 衆議院議員 富田 茂之 様の議員会館事務所へ詳細な支援要請を提出しました。いずれも詳細に記載し、告訴状等ついてはCDに収蔵して郵送しておりますが、何れも、何の返事もありません。

 詳しくは、公明党議員への書面を見て戴きたいのですが、簡単に説明いたします。
 私は入管法違反幇助事件で、平成22年6月に逮捕監禁され、平成23年4月に懲役1年半、罰金100万円の判決を受け、その2ヶ月後、平成23年6月にやっと東京高裁によって保釈され、東京高裁棄却後、最高裁に上告いたしましたが、平成24年1月、憲法違反でなく単なる適用法誤りをのべているにすぎないとして、刑事訴訟法により最高裁の審議事項ではないと棄却されましたので、平成24年3月に受刑し、刑務所の仮釈放面接でも、国家権力による罪の押し付けを認めませんでしたので、改悛の情が無いとして平成25年3月19日にやっと満期出所いたしました。

 仮釈放面接をうけて、仮釈放されないのは非常に珍しいのです。原審の裁判官は執拗に保釈をしませんでした。そして最期も影響力を発揮して仮釈放も認めません。原審の裁判官が許可しないと認められないようです。それほど、原審の裁判官は私がシャバに出て再審請求活動をすることを恐れていたのです。本当は公訴時効の7年間は収監しておきたかったでしょうね。
 栃木県黒羽刑務所の刑務官は、何ら犯罪をしていないから仮釈放をさせるという者と、仮釈放に応じると再審請求が難しくなるという者の意見に分かれていたようです。(俺達だって若い頃は法律を勉強したんだ・・・そんなこともあってなあ、刑務所を選んだんだよなあ・・・・)ホロリとしました。
 処遇部門は、仮面接で再審請求の話はするな・・・、懲役工場の刑務部長は、仮釈なんて蹴飛ばせ・・・これが刑務所の刑務官が国家権力に対抗できる精一杯の支援だったのです。

 刑事訴訟法では、適用法誤りの再審請求は認められていませんが、警察官や検察官の犯罪事実があれば再審請求できますので、私は、満期出所後、体調と相談しながら、東京地検特捜部、警視庁また法務大臣へ検察庁法に基づく指揮権発動をもとめて、罪刑法定主義に反する逮捕監禁は、特別公務員職権乱用罪であり、送検、起訴は嘘偽告訴(誣告罪)であるとして、刑事告訴いたしました。

 併せて、共犯とされた中国人金軍学は、私とまったく同じ幇助罪での被害者であり、また不法就労(資格外活動)の正犯4人の中国人は、雇用者が不法就労助長罪で処罰されていないにもかかわらず、虚偽の起訴内容(虚偽の幇助者をたてての適法)で懲役刑(執行猶予)を受けましたので、外国人を恣意的に処分する国際法違反であり、違法処分ですので刑事告発いたしました。

 2014年、11月、2015年2月には、まったく同じ手口で入管法違反幇助事件としてフィリピン大使館職員や外交官も処罰されております。(外交官は出頭せずに帰国)

 私には何ら罪にならない、入管法の在留資格取消(第22条の4 4項)(嘘偽の書類提出)を、恣意的に、不法就労の幇助理由として、入管法(資格外活動による不法就労)違反の幇助犯罪としているので、私は何ら罪に問われないものです。全く糞味噌一緒の起訴状です。

 したがって、なんら法律に違反していないのに逮捕監禁したことは特別公務員職権乱用罪であること、なんら法律に反していないのに送検、起訴したことは虚偽告訴罪に当たるとして、刑事告訴しましたが、東京地検特捜部等は、起訴独占主義を悪用し、いずれも、「犯罪事実が具体的に特定されているとは認められない」として、何度提出しても受理いたしません。(こうすることは、国民の権利の行使を妨害したので職権乱用罪として彼等も告訴しました。)

 不法な逮捕監禁、虚偽告訴が、犯罪事実だと主張しているのです。にも関わらず、東京地検、警視庁、法務省は、私の指摘を握りつぶして犯罪を重ねているのです。

 国家権力(警察官、検察官、裁判官の権限行使)が憲法の保障する憲法31条 基本的人権を明確に犯しています。つまり北朝鮮政府がする拉致監禁と同じ「人権侵害犯罪」です。

 この告訴・告発は、証拠などの事実関係を争うものでは有りません。起訴状と法律の条文だけがあれば十分です。憲法31条により、日本の国会で成立した、法律でのみ生命と身体の自由を奪われるのです。私は、日本の法律に、なんら違反していません。起訴状をみてください。(一般教養程度の法律知識のある者は誰もが驚きます)

平成22年東地庁外領第6487、6624 
平成22年検第17461、17462、202145、20216号
起訴状
平成22年7月26日
東京地方裁判所 殿
東京地方検察庁
検察官 検事 ●● 国大
下記被告事件につき公訴を提起する。
                 記
           (勾留中)                        ●野●博
           (勾留中)              ●軍学ことジン ジュンシュエ

公訴事実
 被告人両名は、共謀の上
第1 中華人民共和国の国籍を有する外国人である●述輝ことヂャン シュホイが在留資格を「尋問知識・国際業務」に変更し、在留期間を更新して本邦に在留した上、法務大臣の資格外活動の許可を受けないで、平成21年3月26日から平成22年5月11日までの間、東京都中央区●●●●●●●所在の飲食店「●●●●日本橋店」において、従業員として稼働し、もって明らかに在留資格に応じた活動に属しない報酬を受ける活動を専ら行った際、
平成20年11月頃、前記ヂャンから依頼を受けて同人が資格外活動を行うことの情を知りながら、東京都千代田区●●●所在の被告人●野●博が代表取締役を務めるL社事務所において、真実は、前記ヂャンがL社に雇用された事実はないのに、同人が同会社に雇用され、プログラマー等の業務に従事するため、人文知識・国際業務への在留資格変更を要請する旨の内容虚偽の雇用契約書を作成し、そのころ、東京都北区●●田端駅構内の飲食店「●●●コーヒーショップ田端店」において、同人に対し、前記内容虚偽の雇用契約書等を交付し、同年12月15日、同人に、東京都港区港南5丁目5番30号東京入国管理局において、在留期間(資格)更新許可申請書とともに前記内容虚偽の雇用契約書等を提出させて、平成22年3月23日、同許可を得させ

第2 中華人民共和国の国籍を有する外国人である●厚立ことリン ホウリーが在留資格を「技術」に変更し、在留期間を更新して本邦に在留した上、法務大臣の資格外活動の許可を受けないで、平成21年4月9日から平成22年5月11日までの間、東京都渋谷区●●●所在の飲食店「●●●屋」ほか2店舗において、各店従業員として稼働し、もって明らかに在留資格に応じた活動に属しない報酬を受ける活動を専ら行った際、
平成20年11月下旬頃、前記リンから依頼を受けて同人が資格外活動を行うことの情を知りながら、前記株式会社L社事務所において、真実は、同人が株式会社L社に雇用された事実はないのに、同人が同会社に雇用され、プログラマー等の業務に従事するため、技術への在留資格変更を要請する旨の内容虚偽の雇用契約書を作成し、そのころ、前記「●●●コーヒーショップ田端店」において、同人に対し、前記内容虚偽の雇用契約書等を交付し、同年12月26日、同人に、前記東京入国管理局において、在留期間(資格)更新許可申請書とともに前記内容虚偽の雇用契約書等を提出させて、平成22年3月25日、同許可を得させ

第3 中華人民共和国の国籍を有する外国人である●宝光ことホー バオグアンが在留資格を「技術」に変更し、在留期間を更新して本邦に在留した上、法務大臣の資格外活動の許可を受けないで、平成21年4月27日から平成22年5月11日までの間、東京都新宿区●●●所在の飲食店「●●●港」ほか1店舗において、各店従業員として稼働し、もって明らかに在留資格に応じた活動に属しない報酬を受ける活動を専ら行った際、
平成20年11月下旬頃、前記ホーから依頼を受けて同人が資格外活動を行うことの情を知りながら、前記株式会社L社事務所において、真実は、同人が株式会社L社に雇用された事実はないのに、同人が同会社に雇用され、プログラマー等の業務に従事するため、技術への在留資格変更を要請する旨の内容虚偽の雇用契約書を作成し、そのころ、東京都北区●●●号室において、同人に対し、前記内容虚偽の雇用契約書等を交付し、同年12月24日、同人に、前記東京入国管理局において、在留期間(資格)更新許可申請書とともに前記内容虚偽の雇用契約書等を提出させて、平成22年3月25日、同許可を得させ

第4 中華人民共和国の国籍を有する外国人である●萌ことリ モンが在留資格を「人文知識・国際業務」に変更し、在留期間を更新して本邦に在留した上、法務大臣の資格外活動の許可を受けないで、平成21年3月ごろから平成22年6月3日までの間、東京都中央区●●●所在の飲食店「●●ヤ」ほか1店舗において、各店従業員として稼働し、もって明らかに在留資格に応じた活動に属しない報酬を受ける活動を専ら行った際、
平成20年11月下旬頃、前記リから依頼を受けて同人が資格外活動を行うことの情を知りながら、前記株式会社L社事務所において、真実は、同人が株式会社L社に雇用された事実はないのに、同人が同会社に雇用され、通訳・翻訳業務等に従事するため、人文知識・国際業務への在留資格変更を要請する旨の内容虚偽の雇用契約書を作成し、そのころ、前記●●●号室において、同人に対し、前記内容虚偽の雇用契約書等を交付し、同年12月24日、同人に、前記東京入国管理局において、在留期間(資格)更新許可申請書とともに前記内容虚偽の雇用契約書等を提出させて、平成22年3月25日、同許可を得させ

もって前記ヂャン等4名の前記各資格外活動を容易に幇助したものである。
罪名及び罰条
出入国管理および難民認定法違反 同法70条1項4号、19条1項1号
刑法 62条1項、60条

黄色地、赤字の部分は、入管法22条4の4 虚偽の書類提出 の条項そのものである
正犯4人は 虚偽の書類の提出を受け 東京入管に堤出したとしている。
この処罰は、正犯は 法務大臣より国外退去の行政処分をうけるものであるが、
この理由で国外退去の行政処分をうけていない。

入管法22条4の4 の幇助をした外国人は 平成22年7月26日起訴の平成22年7月1日施行で国外退去処分となったが、金軍学は憲法39条の規定で遡求して処罰されない
日本人にたいしては処罰できない。

不法就労関係の入管法の概要
(1)不法就労した者の罪
不法就労罪 第70条
 次の各号のいずれかに該当する者は、3年以下の懲役若しくは禁錮若しくは300万円以下の罰金に処し、又はその懲役若しくは禁錮及び罰金を併科する。
一 第3条の規定に違反して本邦に入つた者
二 入国審査官から上陸の許可等を受けないで本邦に上陸した者
三 第22条の4第1項(第1号又は第2号に係るものに限る。)の規定により在留資格を取り消された者で本邦に残留するもの
三の二 第22条の4第7項(第61条の2の8第2項において準用する場合を含む。)の規定により期間の指定を受けた者で、当該期間を経過して本邦に残留するもの
(資格外活動による」不法就労)
四 第19条第1項の規定に違反して収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を専ら

(2)不法就労させた者の罰
不法就労助長罪 第73条の2 
 次の各号のいずれかに該当する者は、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一 事業活動に関し、外国人に不法就労活動をさせた者
二 外国人に不法就労活動をさせるためにこれを自己の支配下に置いた者
三 業として、外国人に不法就労活動をさせる行為又は前号の行為に関しあつせんした者
《改正》平16法073
・《1項削除》平21法079
2 前項各号に該当する行為をした者は、次の各号のいずれかに該当することを知らないことを理由として、同項の規定による処罰を免れることができない。ただし、過失のないときは、この限りでない。
一 当該外国人の活動が当該外国人の在留資格に応じた活動に属しない収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動であること。
二 当該外国人が当該外国人の活動を行うに当たり第19条第2項の許可を受けていないこと。
三 当該外国人が第70条第1項第1号から第3号の2まで、第5号、第7号から第7号の3まで又は第8号の2から第8号の4までに掲げる者であること。

在留資格の取消し 第22条の4
 「在留資格の取消し」(第22条の4)制度が創設された(同年12月2日施行)。
 法務大臣は,次の各号に掲げるいずれかの事実が判明したときは、外国人が現に有する在留資格を取り消すことができます。
 ① 偽りその他不正の手段によ、上陸拒否事由該当性に関する入国審査官の判断を誤らせて上陸許可の証印等を受けた場合。 
 ②  偽りその他不正の手段により、本邦で行おうとする活動を偽り、上陸許可の証印等を受けた場合。例えば、本邦で単純労働を行おうとする者が「技術」の在留資格に該当する活動を行う旨申告した場合などが本号による取消しの対象となる。 
 ③ 申請人が本邦で行おうとする活動以外の事実を偽り、上陸許可の証印等を受けた場合。例えば,申請人が自身の経歴を偽った場合などが本号による取消しの対象となる。 
 ④  ①から③までに該当する以外の場合で、虚偽の書類を提出して上陸許可の証印等を受けた場合。本号においては、偽りその他不正の手段によることは要件となっておらず、申請者に故意があります。ことは要しない。 
 ⑤ 現に有する在留資格(入管法別表第1の上欄の在留資格(注)に限る。)に係る活動を継続して3か月以上行っていない場合(ただし、当該活動を行わないで在留していることにつき正当な理由があります。場合を除く。)。 また、在留資格の取消しに当たっては、事前に対象となる外国人から意見を聴取することとされている。
注:嘘偽の書類は、現在では、不実の文書に変更になっています。

在留資格の取消し第22条の4 現在(2015年)
法務大臣は、別表第一又は別表第二の上欄の在留資格をもつて本邦に在留する外国人(第六十一条の二第一項の難民の認定を受けている者を除く。)について、次の各号に掲げるいずれかの事実が判明したときは、法務省令で定める手続により、当該外国人が現に有する在留資格を取り消すことができる。
一  偽りその他不正の手段により、当該外国人が第五条第一項各号のいずれにも該当しないものとして、前章第一節又は第二節の規定による上陸許可の証印(第九条第四項の規定による記録を含む。)又は許可を受けたこと。
二  偽りその他不正の手段により、上陸許可の証印等(前章第一節若しくは第二節の規定による上陸許可の証印若しくは許可(在留資格の決定を伴うものに限る。)又はこの節の規定による許可をいい、これらが二以上ある場合には直近のものをいうものとする。以下この項において同じ。)の申請に係る本邦において行おうとする活動が虚偽のものでなく、別表第一の下欄に掲げる活動又は別表第二の下欄に掲げる身分若しくは地位を有する者としての活動のいずれかに該当するものとして、当該上陸許可の証印等を受けたこと。
三  前二号に掲げるもののほか、偽りその他不正の手段により、上陸許可の証印等を受けたこと。
四  前三号に掲げるもののほか、不実の記載のある文書(不実の記載のある文書又は図画の提出又は提示により交付を受けた第七条の二第一項の規定による証明書及び不実の記載のある文書又は図画の提出又は提示により旅券に受けた査証を含む。)又は図画の提出又は提示により、上陸許可の証印等を受けたこと。

 この取消制度は、不法就労助長行為等に、更に的確に対処するための、新たな退去強制事由が強化され、平成22年7月1日から施行されている。

嘘偽の書類等の作成等を教唆・幇助する行為をや不法就労助長行為をすると国外退去になります
 不法就労助長行為等に的確に対処するための退去強制事由等も平成22年7月1日から施行される。新たな退去強制事由として,次のものが加わり、また,資格外活動許可の取消しに係る規定を設けられる。
あ.他の外国人に不正に上陸許可等を受けさせる目的での,偽変造文書等の作成等を教唆・幇助する行為をしたこと
い.不法就労助長行為をしたこと
う.資格外活動の罪により禁錮以上の刑に処せられたこと 
注:現在は第24条 (退去強制)に統合されています。

 この事件は、事実関係を争うものではありません。国会で立法した法律に反した司法行政が行なわれていることを争っているのです。単なる適用法の誤りであれば、認めて謝罪をし、名誉の回復と財産権侵害の賠償をすべきですが、上屋を重ねて、罪さえを認めません。

 司法行政の誤りを正すのは、国会の役割です。それは、具体的には政党、国会議員の役割です。
毎年、沢山の法律を作りますが、国会で成立した法に反する司法行政を監視するのは国会しかありません。

 行政は握りつぶそうとしていますので、三権の長である衆参両院議長へも手紙をだしています。また最高裁判所長官にも事情を説明し支援を求めております。
 また諸外国の政府等にも支援依頼の手紙を出しています。

 それで、藁にもすがる思いで、創価学会会長原田 稔 様に、ご支援を戴きたくお手紙を差し上げた次第です。正しい者が救われると確信しております。どうぞ、南無妙法蓮華経のお題目のもと、ご慈悲を戴きたくお願い申し上げます。
以上 
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。