無理がある!! 憲法の改正は、ご承知のとおり内閣の提案すべき事項ではございません!! 安倍首相の発言で議場内が怒号に包まれる 蓮舫代表は憤り! 改憲、安倍首相が立場使い分け=深入り回避に民進猛反発

無理がある!!
憲法の改正は、ご承知のとおり内閣の提案すべき事項ではございません!!
安倍首相の発言で議場内が怒号に包まれる 蓮舫代表は憤り!
改憲、安倍首相が立場使い分け=深入り回避に民進猛反発



憲法99条は、首相ら国務大臣が憲法を尊重、擁護する義務を負うと定めている。
首相として改憲姿勢を強く打ち出せば、
これに批判的な野党に「順守義務違反」と批判の口実を与えると警戒したようだ。
このため、民進党の長妻昭氏から「なぜ国会で言わないのか」と迫られても、
首相は「ビデオメッセージは『自民党総裁』として話した。
この場では『内閣総理大臣』としての答弁に限定している」とかわした。
・・
・・・・・・・・・・・
憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
・・
・・・・・・・
8日、安倍晋三首相の発言で議場内は一時、野党議員の怒号に包まれた
民進党の長妻昭氏の追及に、インタビューを熟読してもらえばいいと一言
蓮舫代表は「あまりに乱暴過ぎるし、おごっている」と憤った

安倍晋三首相(自民党総裁)が憲法を改正して2020年の施行を目指すと表明した後、
初の国会論戦となった8日の衆院予算委員会。
首相は安倍政権下での改憲に反対する民進党の質問に深入りを避ける一方、
この後の自民党役員会では改憲論議の加速を指示。
「党総裁」と「首相」の立場を使い分けた。民進党は強く反発しており、
首相の思惑通り発議に向けた議論が進むかは不透明だ。
・・・
憲法の改正は、ご承知のとおり内閣の提案すべき事項ではございません。
内閣は憲法の忠実な執行者であり、
また憲法のもとにおいて法規をまじめに実行するところの行政機関であります。
したがって、内閣が各種の法律を審査いたしまして、
憲法に違反するかどうかを調査することは十分できます。
しかし憲法を批判し、憲法を検討して、そして憲法を変えるような提案をすることは、
内閣にはなんらの権限がないのであります。
— 第24回国会衆議院内閣委員会憲法調査会法案公聴会にて公聴人・戒能通孝
・・・

http://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2016/07/akihito-thumb-720xauto.jpg

http://news.livedoor.com/article/detail/13034771/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

【天皇陛下80歳の誕生日記者会見全文】
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/koushitsu/131223/

【風が吹けば桶屋が儲かる論法】日本の司法行政と政治家
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
FB:穏健、中道派議論の部屋「青の党」
https://www.facebook.com/groups/631952103603626/
関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。