【STOPギャンブル】カジノ法案成立、急がれるギャンブル依存症対策。カジノ先進国から学ぶこと。

【STOPギャンブル】カジノ法案成立、急がれるギャンブル依存症対策。カジノ先進国から学ぶこと。


●カジノに歴史のあるアメリカの現状
いわゆる“カジノ法案(IR推進法案)”が国会で成立し、日本でもカジノ解禁が現実になりつつあります。
成立までが急だったこともあり、メディアでも慌ただしく報道されました。
そこで初めて耳にしたという方も多かったのではないでしょうか?
現在、日本にカジノはありませんが、欧米やアジアなど、さまざまな国には存在し、
メリットやデメリットもはっきりとしているため、
カジノの是非について議論が高まっている日本は多いに参考にするべきだと考えます。

世界三大カジノといえば、マカオ、ラスベガス、シンガポール。
とくにラスベガスはアメリカのネバダ州にあり、歴史も古く、きらびやかな存在感は圧倒的です。
アメリカでは全50州のうち23州でカジノが解禁されています。
カジノのメリットには経済効果や自治体への税収などがあげられますが、
デメリットとしての治安の悪化やギャンブル依存症問題は深刻なようです。
こういった背景もあり、ギャンブル依存症対策に取り組む国際的な機関や団体が活発に活動しており、
各州、そして国をあげて依存症対策に力を入れています。

http://casinoschool.co.jp/resources/images/become/sample-2.png

http://addiction-lab.com/%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%8E%E6%B3%95%E6%A1%88%E6%88%90%E7%AB%8B%E3%80%81%E6%80%A5%E3%81%8C%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E4%BE%9D%E5%AD%98%E7%97%87%E5%AF%BE%E7%AD%96/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!
憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
【風が吹けば桶屋が儲かる論法】日本の司法行政と政治家
http://oyazimirai.hatenablog.com/entry/2017/04/14/160627
FB:世界のハザールユダヤ金融マフィアの撲滅を目指す、真の保守です
https://www.facebook.com/groups/886817598057054/

関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。