【事実でいいのか】メキシコからの移民が、麻薬や犯罪、 強姦などの問題をアメリカ社会に持ち込んでいると評している。 移民大国アメリカの揺らぐ“自画像”~トランプ支持の一大要因「移民問題」の真相

【事実でいいのか】メキシコからの移民が、麻薬や犯罪、
強姦などの問題をアメリカ社会に持ち込んでいると評している。
移民大国アメリカの揺らぐ“自画像”~トランプ支持の一大要因「移民問題」の真相



トランプが支持される背景
アメリカの大統領選挙に出馬しているドナルド・トランプは、幾度となく、
メキシコからの移民が、麻薬や犯罪、強姦などの問題をアメリカ社会に持ち込んでいると評している。

さらにトランプは、不法移民の入国を防ぐためにアメリカとメキシコの国境に巨大な壁を築き、
その費用をメキシコ政府に負担させるとまで主張した。

一連のトランプの発言は良識ある人々の反発を招いたものの、
驚くことに共和党支持者の間での支持率は上昇し、
トランプは2016年の大統領選挙で共和党候補となることを確実にしている。

トランプの発言がアメリカで支持を得ている背景に、人口変動がある。

"移民の国"であるアメリカには、毎年100万人ほどの合法移民が入国している。
近年では中南米系とアジア系の移民が急増しており、
中南米系の人口は2000年からの10年間で全人口の12.5%から16.3%へと増加して、今や黒人人口を超えている。

他方、白人(中南米系を除く、以下同様)は、1960年には人口の85%を占めていたものの、
2050年には50%を下回ると予想されている(Pew Research Center調査より)。
社会の多数派の地位を失うことを恐れている白人、とりわけ労働者階級の白人がトランプを支持しているのである。

それに加えて、国境線を不法に越境する者や、
ビザの期限が切れた後にも不法滞在する人々が1000万人以上存在する。
不法移民の相当部分を中南米系が占めていて、
彼らがアメリカ社会に多くの負担を強いているとの懸念が示されているのである。

このように、今日のアメリカでは、合法・不法を問わず、移民問題が重要な争点として浮上している。
そして、トランプら共和党系の保守派が移民問題を積極的にとりあげるのは、
バラク・オバマ政権の移民政策に対する反発という側面がある。

http://livedoor.4.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/c/7/c7c06fed.jpg

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49120

【拡散】癒着をやめて、不法就労者を雇用する事業者を処罰する「不法就労助長罪」を適用すれば、
不法外国人は、働く場がないので、来日しません!

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!
憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
【風が吹けば桶屋が儲かる論法】日本の司法行政と政治家
http://oyazimirai.hatenablog.com/entry/2017/04/14/160627
FB:事実(拡散大歓迎)
https://www.facebook.com/groups/1050808701694406/?notif_t=group_name_change¬if_id=1481348911784711
関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。