【事実でいいのか】トランプのメキシコいじめで不法移民はかえって増える!! 従来は入国から2週間以内、国境から160キロ以内で拘束された不法移民が対象だったが、 今後は入国から2年以上経っていることを証明できない限り全米のどこにいても拘束の対象になる。

【事実でいいのか】トランプのメキシコいじめで不法移民はかえって増える!!
従来は入国から2週間以内、国境から160キロ以内で拘束された不法移民が対象だったが、
今後は入国から2年以上経っていることを証明できない限り全米のどこにいても拘束の対象になる。



<ホワイトハウスの勝手な思い込みに反し、
メキシコは大量の不法移民をアメリカに入る前に拘束し、本国に強制送還してくれている。
その相手を侮辱し、信頼を損ない、トランプ流の強硬策を通そうとしても、メキシコは受け入れないだろう>

中米グアテマラの国境近く、
メキシコ南部タパチュラの通りを走るトラックの後ろに彼はぶら下がっていた。
メキシコの国境警備隊員だ。片手に半自動ライフルAR-15を握り、ライフルも防弾チョッキも、
自分が受けた訓練のほとんども「メイド・イン・アメリカ」だと言った。

彼の装備を見れば、メキシコの国境警備がどれほどアメリカと密接に連携し、
直接的な支援を受けているかが一目瞭然だ。
メキシコは近年、麻薬の取り締まりや国境を越えた犯罪や不法移民に対処するため、
アメリカとかつてない緊密な協力関係を育んできた。

メキシコ実は優等生
火曜に国土安全保障省が公表した指針は、
バラク・オバマ前米大統領が出した移民に関する大統領令や指針をほぼ全て撤廃し、
国内に滞在する不法移民の取り締まりを格段に強化する内容だ。
不法入国したという事実だけで、米当局は大量の移民を容易に送還できるようになる。

オバマ前政権からの大きな変化は、「簡易送還」の対象者を拡大した点だ。
従来は入国から2週間以内、国境から160キロ以内で拘束された不法移民が対象だったが、
今後は入国から2年以上経っていることを証明できない限り全米のどこにいても拘束の対象になる。

さらに出身国以外の国へ強制送還することもあるという。
南北の壁アメリカとメキシコの国境の町ティファナで、壁越しに話す人々

http://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2017/02/webw170222-mex-thumb-720xauto.jpg

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/02/post-7038.php

【拡散】癒着をやめて、不法就労者を雇用する事業者を処罰する「不法就労助長罪」を適用すれば、
不法外国人は、働く場がないので、来日しません!

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!
憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
【風が吹けば桶屋が儲かる論法】日本の司法行政と政治家
http://oyazimirai.hatenablog.com/entry/2017/04/14/160627
FB:事実(拡散大歓迎)
https://www.facebook.com/groups/1050808701694406/?notif_t=group_name_change¬if_id=1481348911784711
関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。