【反自民で政権をとろう】自民党以外で、国会議員になってください! 私が菅官房長官に「大きな声」で質問する理由! 「東京の望月です」東京新聞・望月衣塑子記者インタビュー

【反自民で政権をとろう】自民党以外で、国会議員になってください!
私が菅官房長官に「大きな声」で質問する理由!
「東京の望月です」東京新聞・望月衣塑子記者インタビュー



菅さんが「俺にも我慢の限界がある」とこぼしたらしい

原則として平日の午前と午後、首相官邸で行われる菅官房長官の記者会見。
今年6月以降、ここに突如として現れた一人の記者が注目されている。

「東京の望月です」と名乗ってから、矢継ぎ早に長官に質問をぶつける女性記者。東京新聞社会部、望月衣塑子記者(42)である。

鉄壁の長官に果敢に攻め込むこの人は、一体どんな人なのか?

菅さんが「俺にも我慢の限界がある」とこぼしたらしい
――望月さんが菅義偉官房長官の定例会見に出席するようになって2カ月ほど経ちました。
官房長官の印象は変わってきていますか?

望月、全然変わりませんね(笑)。最近は「主観と憶測に基づいて聞くな」とか
「あなたの要望に答える場じゃない」とか、
私に対して個人攻撃的なことを言いはじめているとも感じています。
産経新聞さんが私への批判記事(「官房長官の記者会見が荒れている!
東京新聞社会部の記者が繰り出す野党議員のような質問で」)を書いていましたが、
会見とは国民に成り代わって、記者が政府への疑問や疑念をぶつけ、
より国民にとって開かれた政治を作っていくきっかけになる場でもあると思っています。

http://bunshun.jp/mwimgs/2/2/-/img_22f4ccc1bcec52524757846e3ecceb9f197436.jpg

http://blogos.com/article/239837/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!
憲法第31条:何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

国際法を遵守しない「入管法違反事件」を正すべく、自民党政権を糾弾してください!
http://oyazimirai.hatenablog.com/entry/2017/04/14/160627

FB:反自民国民運動
https://www.facebook.com/groups/764485230270159/
関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。