【「奇怪な街」というレッテル】韓国カジノの町/カンウォンランドの悲劇・・・ 自殺率トップで奇怪な街に!「若者世代に顔向けできない」 カジノ誘致に対する当初の期待とはほど遠い、呻吟し苦悩する街の姿だった。

【「奇怪な街」というレッテル】韓国カジノの町/カンウォンランドの悲劇・・・
自殺率トップで奇怪な街に!「若者世代に顔向けできない」
カジノ誘致に対する当初の期待とはほど遠い、呻吟し苦悩する街の姿だった。



江田憲司2017年08月12日
私は今年6月、同僚議員とともに、韓国で唯一内国人が入場できるカジノ、
カンウォン(江原)ランドを訪問した。
そこで見たものは、カジノ誘致に対する当初の期待とはほど遠い、呻吟し苦悩する街の姿だった。

「若者世代に顔向けできない」。地元自治体の職員が私に発した言葉だ。
「この町は、韓国でも『奇怪な町』ということで有名になってしまった」。
そう、風俗店とサラ金・質屋が立ち並ぶ光景。
それが韓国でもテレビで放映され、「奇怪な街」というレッテルを貼られてしまったのだという。

この町は1980年代、炭鉱の町だった。
日本でもそうだったが、産炭地域は炭鉱の閉鎖で一気に存亡の危機に直面する。
ほとんど唯一の地場産業がなくなり失業者があふれる。
地域社会や雇用の維持のために、この町にとって、カジノ誘致は「必要悪」だった。

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20141005%2F68%2F6206548%2F1%2F2407x1802xa16327ef04b6eac8146ee4.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

http://blogos.com/article/240149/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!
憲法第31条:何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

日本を法の下で統治、基本的人権の尊重、国際法を遵守する国にしましょう
http://oyazimirai.hatenablog.com/entry/2017/04/14/160627

FB:世界のハザールユダヤ金融マフィアの撲滅を目指す、真の保守です
https://www.facebook.com/groups/886817598057054/
関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。